着物汗抜きクリーニング

着物汗抜きクリーニング
汗は自分の意志とは関係なくかいてしまいますので厄介なのです。緊張すればするほど汗が出てしまい気付いたら着物をハンガーにかけても取れぐらいのシワになっている事も多いのです。汗が輪ジミになってしまえば確実に汗取りクリーニングをした方がいいのですが見た目わからない場合には中途してしまう事もあるかもしれません。塩分の強い汗は丸洗いでも取ることができず着物の脇や胴を中心に水を吹き付けて取り除いていく手間のかかる作業なのです。汗をかいたまま放置すると数年後には必ず変色してしまいますので汗が気になるようでしたら汗取りクリーニングをお勧め致します。

汗が付着しいたまま保管してしまうとどうなるのでしょう?

胴周りや長襦袢の袖口あたりに汗が付着し陰干ししただけでタンスに仕舞うと早ければ1,2年で茶色く変色してしまいます。長襦袢は良く半衿が変色しますが、ファンデーション汚れ・皮脂・汗が原因なのです。

汗抜きクリーニングを依頼する時の目安は?

着物・長襦袢共に脇などが輪ジミになっている場合は見た目で分かりやすいのですが、それ以外はどのように見分けるのでしょう?半日程度ハンガーに干ししっかりとシワが残っている場合は着用時、蒸れてシワにプレスがかかった状態になっていたから簡単にはシワが取れないのです。その場合、汗の成分が着物や長襦袢に残っていないかを専門店で相談する事が大切です。

 

汗取りクリーニング料金表

着物

5,600円

長襦袢

4,600円

※料金は全て税別価格です。
【納期】7日(シーズンにより若干、変更があります。)

 

よくあるご質問

:汗抜きする目安を教えてください。
:単衣の時期や夏に汗はかきやすいので輪ジミになっていなければシーズンオフに汗抜きをすると費用も抑えられると思います。

:そのまま保管するとどうなるのですか?
:塩分が多い汗はそのままだと特に変色しやすくなりまので保管する前には必ず汗抜きクリーニングをお勧め致します。

:見た感じは分からないのですが汗抜きクリーニングは必要でしょうか?
:蒸れた状態だと分かりにくいと思います。しかし汗はしっかりと付着しているので当分着る予定がない時には汗取りは必要です。

:長襦袢と着物以外に帯はどうですか?
:よほど汗をかいていないと帯まで汗が浸みこむ事はありませんが、着物まで輪染みになってしまった場合は帯も汗取りが必要な場合があります。

LINE@

カテゴリー

最近の記事

ページ上部へ戻る