ブログ

黒留袖と色留袖 二種類の留袖の特徴と違いとは?

黒留袖と色留袖

ミセスの礼装として欠かせないお着物である「留袖」(とめそで)。結婚式等の慶時、また式典等でも着用するフォーマルな着物です。でもこの「留袖」、黒留袖(くろとめそで)と色留袖(いろとめそで)では扱いが違うって知ってましたか?また紋の数等によっても、使う場所にちょっとした違いが出てくるのです。ここでは黒留袖と色留袖の違いについて詳しく解説していきます。

「黒留袖」と「色留袖」とは?

「黒留袖」とは、地色が黒の留袖のこと。対して「色留袖」は、黒地以外の全ての色の留袖を指します。「黒留袖」の扱いは、洋服で言えばブラックフォーマルのドレス。五つ紋の入った黒留袖はミセスが着る最も格が高い着物であり「正礼装(第一正装)」として扱われます。

結婚式・披露宴で新郎新婦の親・祖母・姉妹・叔母・伯母等の近しい親族と、仲人の奥様が身につけるのが一般的です。地域によっては、結婚式に出席する既婚女性全員が黒留袖(五つ紋)着用というところもあります。

対して「色留袖」は、洋服で言えばカラードレス・カラーワンピースと言ったところでしょうか。三つ紋の場合には「準礼装」、一つ紋の場合には「略礼装」の扱いとなります。

結婚式に招待された側の既婚女性が着用したり、その他式典の際にも着用できるなど、黒留袖に比較すると用途範囲の広い着物です。また最近では「振り袖はちょっと…」という未婚女性の方が、礼装として色留袖を着用されることも増えています。

 

黒留袖と色留袖、家紋の数が違うのはなぜ?

上記の説明で「五つ紋」「三つ紋」等の「家紋の数」が違うことを、不思議に思った方も多いはず。留袖は着物に入っている「家紋の数」でお着物の格が変わるんですね。

①五つ紋:両胸・両袖・背中に家紋が入る。正礼装(最高品格)の着物となる。
②三つ紋:両袖・背中に家紋が入る。準礼装の着物となる。
③一つ紋:背中のみに家紋が入る。略礼装の着物となる。

黒留袖の場合、五つ紋を入れて正礼装用の着物とするのが一般的。
対して色留袖の場合には、三つ紋(準礼装)もしくは一つ紋(略礼装)で制作します。

これはなぜかと言うと、着物を着る和の世界では「招待する側」が格の高い着物(正礼装)でお出迎えすることがマナーであるからなんです。
結婚式の場合、新郎新婦に近い人(親族・ホスト側)ほど正礼装をきちんと身につけて、お客様を迎えるわけですね。

反対に「招待された側(ゲスト側)」は、一段格の下がった準礼装もしくは略礼装で出席するのがマナー。
もしも五つ紋の色留袖を着ていたら「ホストと同格」ということになりますから、これはちょっとマナー違反…ということになるのです。五つ紋の色留袖が使われるシーンというと、黒色が喪の色として避けられる皇室(宮中)の式典くらいしかありません。

原則的な考え方としては「黒留袖(五つ紋)が親族側」「色留袖(三つ紋・一つ紋)がゲスト側」と覚えておけば良いでしょう。

 

色留袖の「三つ紋・一つ紋」の使い分け

最高格のブラックフォーマルである黒留袖は、主に家族や身内の慶事の時にのみ使用する着物。
対して色留袖は紋・柄によって様々な使用用途が生まれる着物であり、結婚式以外でも着用できます。

三つ紋(準礼装)
・結婚式の親しい親族(ホスト側)の礼装(ミセスの他ミスが着用されることもあり)
・結婚式のゲスト側の礼装(上司の奥様・スピーチをする招待客・会社の先輩等)
・祝賀会等の式典・パーティーの礼装
・高校卒業式・大学卒業式等の親族の礼装

一つ紋(略礼装)
・結婚式のゲスト側の礼装(同年代の友人・同僚等の場合)
・カジュアルスタイルの結婚式・披露宴のゲスト側の礼装
・幼稚園・小学校入学・卒業式の親族の礼装

なお、留袖の柄によっては結婚式以外の着用が不適とされることも。広い用途での使用を考えるのであれば、お仕立て前に呉服屋さんとよく相談された方が良いでしょう。

 

「色留袖」と「訪問着」ってどう見分けるの?

「色留袖」と「訪問着(ほうもんぎ)」、いずれも様々な地色に模様が入った着物なので、違いがわからない…という方も居るかもしれません。しかし、この二つの見分け方は意外とカンタンです。

「留袖(とめそで)」は柄が裾側(下半身部)にしか入りません。帯より上の上半身側は無地なので、座った時には無地の着物を着ているように見えます。

対して「訪問着」は、上半身(胸など)にも柄が入り、柄が全てひと続きの「絵羽柄」になっているのが特徴です。「帯から上に柄が来るなら留袖!」と覚えておけば間違いないでしょう。

なお訪問着も紋や柄によっては礼服としての着用が可能です。ただし留袖に比較するとお着物としての格がやや下がる扱いになります。

 

比翼仕立てでない色留袖、結婚式に着てもOK?

留袖等の礼装では、下着を重ねて着ているかのように見せる「比翼(付け比翼)」という形で仕立てるのが一般的です。しかし中には比翼の無い一つ紋の色留袖を仕立て、訪問着のように幅広い使用をされる方も居ます。比翼なしということになるとフォーマル仕立てではないので、そのまま結婚式に着るのは不向き。以下の二つの方法で礼装としての装いにするのが一般的となっています。

白の伊達襟でカバーする

白の長襦袢・伊達襟・帯揚げで留袖格として着用する方法です。ただしこの場合に、着物の格は「訪問着格」として扱われることが多くなります。特に近い親族や仲人の奥様、上司・先輩の奥様等が結婚式に着用するには、ややカジュアルすぎる装いとなるかもしれません。せっかくの「留袖の礼服らしさ」は無いと言えるでしょう。

比翼仕立てにお直しする

最も安心なのが、比翼仕立てに仕立て直す方法です。留袖の比翼の直しは呉服店等の他、着物クリーニング専門店等でも行っています。比翼仕立ては着物を解かずに直せるので、比較的低価格でのお直しができるのが魅力。今後礼服として着ることが多いのであれば、早めにお直しされておくことをおすすめします。

 

おわりに

結婚式に着用される親族のお着物については、地域によっては考え方に大きな違いがあります。前述したとおり「親族全員黒留袖(五つ紋)が絶対」というところもありますので、結婚式の留袖着用の際にはご親族の方たち等にお着物の種類等を確認しておいた方が安心です。

関連記事

LINE@

カテゴリー

最近の記事

ページ上部へ戻る