ハウツー

  1. 着物サイズ直し

    昔の着物を着る時にも知っておきたい、自分に合った着物サイズ

    「お母さんが持っていた着物を着てみたい」「アンティーク着物に挑戦したみたい」着物ブームが再燃している昨今、若い方からもこんな声がよく聞かれるようになりました。でもその着物、あなたのサイズに合っていますか?毎日着ている洋服のサイズは知っていても、自分の「着物のサイズ」を知っている人は少ないですよね。

  2. 喪服着物

    喪服はレンタルNG?手軽に喪服着物を準備するコツとは

    五つ紋の黒喪服--いわゆる「喪服着物」は、かつては「お嫁入り道具」として必ず準備される存在でした。着物を着る機会が少なくなった現代においても「娘が結婚するのであれば、喪服だけでも用意したい」と考える方は多いようです。

  3. 訪問着

    眠っている訪問着、フォーマル服として活用しませんか?

    「タンスの中に眠っているお着物、なかなか着る機会が無くて…」こう悩んでいる方、特に現代では少なくないようです。せっかくの素敵なお着物、眠らせておいたままにするのはもったいないですよね。

  4. 昔の留袖を着る

    比翼はある?家紋は?昔の留袖を着る時の3つの注意ポイント

    「タンスにしまいこんであった昔の留袖、まだ着られるかしら?」「祖母や母の留袖を、いま着てみたいんだけど…」最近の着物ブームを受けて、このようなお話もよく聞くようになりました。留袖等の着物は洋服とは違い、娘・孫へと受け継がれ長く着られるのが魅力。

  5. 結婚式の留袖

    結婚式に留袖を着たら「その後」が大切!アフターケアの3つのポイント

    留袖姿での結婚式が終わり、帰宅して帯をほどいてほっと一息…礼服姿で一日を過ごした時には、ちょっと疲れてしまうことも多いですよね。でもここで留袖を「脱いだまま」にしては、せっかくの留袖が台無しになってしまう可能性も。脱いだその時からのアフターケアで、留袖の美しさを保てるかどうかが決まるのです。

  6. 結婚式

    黒留袖・色留袖を結婚式に着たい!コーディネートのマナーをチェック

    和の文化を見直すようになった現在、若い方の中にも黒留袖や色留袖を着用される方が増えています。でも初めて留袖を結婚式に着る際に知っておきたいのが、フォーマル服(礼装)として留袖を着用する際のマナーです。

  7. 留袖

    留袖をオールシーズン着るための4つのヒント

    結婚式や式典等の歳、ミセスであれば「留袖を着ようかどうしようか」と思う方が多いはず。「でも、夏だから季節に合わないかも」「でも、冬だから寒いかも…」こんなふうに悩んで、着ようと思っていた留袖を諦めていませんか?お持ちの留袖は、四季を通じて着ることができる礼服です。

  8. 結婚式

    神式・チャペル式・人前式 現代の結婚式で親族が着る留袖とは?

    結婚式でミセスが着る着物と言えば、やはり留袖(とめそで)。でも現在では様々な結婚式スタイルがあるため「この結婚式に留袖を着て良いの?」と迷われる方も多いようです。

  9. 留袖

    昔の留袖今でも着られる?気になるサイズと柄について

    ここ最近の着物ブームを受けて、最近では結婚式等の席に留袖を着られる方がまた増えてきました。「お嫁入りした時に嫁入り道具として持ってきた留袖、また着てみようかな…」と思われている方も多いのでは?でも中には「サイズが合わないかも」「柄がもう合わないかも」と、諦めている人も居る様子。

  10. 黒留袖と色留袖

    黒留袖と色留袖 二種類の留袖の特徴と違いとは?

    ミセスの礼装として欠かせないお着物である「留袖」(とめそで)。結婚式等の慶時、また式典等でも着用するフォーマルな着物です。でもこの「留袖」、黒留袖(くろとめそで)と色留袖(いろとめそで)では扱いが違うって知ってましたか?また紋の数等によっても、使う場所にちょっとした違いが出てくるのです。

カテゴリー

最近の記事

ページ上部へ戻る