家紋入れ・家紋入替え

着物に入れる家紋についてお困りではありませんか?ご自身の着物をお嬢様に譲る時に家紋を入れ替えたいと考えていらっしゃる方も長い間来ていなかったために家紋が色あせてしまった方、用途を変えるために家紋の数や種類も変える必要がある方、すべての着物の家紋は入れ替えることができ、白い家紋が変色してしまった場合には洗うことも可能です。

家紋を入れる着物には黒留袖・色留袖・喪服着物・色無地・男児初着(お宮参りの着物)などあり、実家の家紋を入れたり嫁ぎ先の家紋を入れたりと様々です。決まりはありませんが一般的には実家の家紋を入れて嫁がれるお嬢様が多いようです。黒留袖・色留袖・喪服・初着には白く抜いた家紋(抜き紋)を入れます。黒留袖・喪服・男児初着には5つの家紋を色留袖には格式に応じて1つ・3つのどちらかを選んで家紋を入れます。

また色無地は着る用途で縫い紋(刺繍のような紋)と抜き紋(白い紋)に分かれ一般的には縫い紋を一つだけ入れて着る用途が多くなるように準備をされるのです。すべての着物の家紋は入れ替える事ができ、白い家紋が変色してしまった場合には洗う事も可能です。

家紋入れ
家紋入替え

留袖の家紋入替え

5つの家紋が入っている黒留袖と3つ又は1つの家紋が入っている色留袖がありますが、仕立ててある留袖の背と袖の縫い目を15センチ程度解いて作業を進め縫い戻しすることにより違う家紋を綺麗に入れ直す事ができるのです。

留袖の家紋入替え料金表

黒留袖(五ッ紋)
23,400円
色留袖(一ッ紋)
20,200円
色留袖(三ッ紋)
25,800円

※特殊紋の場合は型代が5,000円追加となります。
※料金は全て税別価格です。

 

喪服の家紋入替え

喪服には抜き紋(白い紋)が5つ入っており、袷(冬用)と単衣(春秋用)と絽(夏用)がありますが、裏地を解かない単衣と絽は袷より料金がお手頃になっております。昔、お嫁入りに持ってきた着物をお嬢様に譲る時にはとても便利で新品同様になりお嫁入り道具の準備には最適です。

喪服の家紋入替え料金表

冬用喪服(五ッ紋)
21,800円
夏用喪服(五ッ紋)
18,600円
単衣喪服(五ッ紋)
18,600円

※料金は全て税別価格です。

 

色無地の家紋入替え

色無地は基本1つ背に入っており白い家紋の「抜き紋」と刺繍のような「縫い紋」と大きく分かれます。抜き紋は格式の高い家紋ですので抜き紋が入っている場合には着物の格式も上がります。色無地に入っている家紋によって料金も異なりますのでご確認ください。

色無地の家紋入替え料金表

冬用色無地(縫い紋)
11,800円
冬用色無地(抜き紋)
12,800円
単衣色無地(縫い紋)
11,800円
単衣色無地(抜き紋)
12,800円
夏用色無地(縫い紋)
11,800円
夏用色無地(抜き紋)
12,800円

※料金は全て税別価格です。

 

お宮参り着物(初着・産着)

お子様が生まれると成長を祝いお宮参りを行います。その際にこの初着を羽織ります。最近ではお父様やお母様が昔羽織った着物をお子様に着せ親子二代できる楽しみがあると人気です。

振袖染み抜き・クリーニング料金表

男児初着家紋入替え
28,800円
男児初着家紋入れ
13,000円

※料金は全て税別価格です。

 

よくあるご質問

:子供の着物に家紋を入れる場合、色は白だけでしょうか?
:男児の着物や羽織には白い家紋と金色の家紋を選んでいただくことができます。料金は同じですのでご希望をお伝えください。

:家紋がわからない場合はどうすればいいのでしょうか?
:全国的に共通と言われている家紋は「五三の桐」ですので嫁ぎ先の家紋が調べてもわからない場合はこの家紋を入れることがあります。

:私(母)の喪服を娘用に家紋を入れ替えても綺麗に仕上がるのですか?
:初めて入れた時と同じように綺麗に仕上がりますので見た目は全く入れ替えた事はわかりませんのでご安心ください。「しつけ」が付いていなければ別途承ります。

:今でも喪服は娘の嫁入り道具に必要でしょうか?
:高額な喪服を購入してまで準備する方は少なくなっているようですが、お母様はレンタルでいいので、自分のタンスにある喪服をお嬢様に譲る事が多くなっています。

:抜き紋と縫い紋では格式が高いのはどちらですか?
:白い家紋の抜き紋が高く大切な式典などに着ることができます。

:外孫の祝い着。嫁ぎ先の家紋を聞いて入れるのですか?
:ほとんどの方が嫁ぎ先の家紋を入れます。

:家紋に丸があったりなかったりします。どうしてなのでしょうか?
:元々、家紋に丸が付いている場合は男性の着物にはそのままの丸付き家紋で女性の着物には丸を付けない場合が良くあります。正式に丸があるのか無いのかはしっかりと確認したほうがいいでしょう。

:色無地に家紋がついていなくても結婚式には着ることができますか?
:出席する立場にもよりますが、結婚式はあまり気にしなくてもいいと思います。着物は着るだけでも大変なことはみなさん知っています。着物で出席すると披露宴などが華やかになりますので大変喜ばれています。

:子供の祝い着はどちらの親が準備するものですか?
:お嬢様が嫁いだのであれば全国的に女性方が準備されます。

LINE@

カテゴリー

最近の記事

ページ上部へ戻る