BLOG

たとう紙とは?読み方・サイズの選び方・交換の期限は?9つのポイントを解説

着物の保管には欠かせない存在である「たとう紙(畳紙)」。でもその読み方や選び方・値段・買えるお店等については「意外と知らない…」という人も多いのではないでしょうか?タトウ紙とは何?そもそもたとう紙とは何なのでしょう?たとう紙(畳紙)とは古来より、様々な道具や衣類を包む

着物の黄ばみ・古いシミを取る「黄変直し」とは?4つの疑問を解説

「タンスから着物を出したら黄ばんでる」「汚したつもりが無いのに、着物に茶色いシミがある…」こんなトラブルが起こっていませんか?これは着物の「黄変(おうへん)」というトラブルです。着物に黄変が起こった場合は、「黄変直し(おうへんなおし)」という対処をしなくてはなりません。

着物に輪ジミを見つけた時の対処法3ステップ

「輪ジミ(輪染み)」とはその名のとおり、汚れや染料等が輪(リング状)になっているシミのこと。リングがとても大きい場合だと、汚れが線(ライン)のようになっていることもあります。洋服でもできることがあるシミですが、特に着物や浴衣では、この「輪ジミ」のトラブルは起こりがち。着物に輪ジミを見つけたも

振袖にシミや汚れを見つけたら?6タイプの応急処置・染み抜き方法

気をつけているつもりでも、振袖等の着物にはついつい汚れを付けてしまうもの。「成人式やお正月の初詣で着た振袖にシミが付いてる!」…こんな時には、どうやって対処をしたら良いのでしょうか?あなたの振袖のシミの種類は何?振袖のシミ・汚れをキレイに取るには、汚れの原因にキチ

帯のクリーニング頻度は?自宅で洗える?帯のお手入れ基礎知識

着物を着る時に欠かせない存在である「帯(おび)」。袋帯や名古屋帯、兵児帯などなど、着物や浴衣をお持ちの方ならば必ず持っているアイテムですね。でもその有名さに比べて、正しい帯のお手入れ方法は意外と知られていません。例えば結婚式やお葬式等で着物を着た後に、お手入れのために着物をクリーニングに出す

汗をかいた夏着物のお手入れ・アフターケアは?知っておきたい4つのポイント

暑い中に、がんばって着物でオシャレしてお出かけ。こんな時には、帰ってきたら疲れた体をゆっくり癒やしたいところですよね。でも夏着物を着て帰ってきたら、まずは一番に着物のお手入れをすることが大切です!汗をかいた着物を放っておくと、汗ジミによる変色・カビ等の原因にもなってしまうんですよ。今回は汗を吸った着

雨で着物が濡れた時のお手入れと予防対策

春先の不安定なお天気、長い梅雨、夏の激しい夕立…日本では四季の折々に、様々な雨が降りますね。雨は空気を潤し緑を育てる大切なものではあるのですが、着物を着る時にはそうとも言っていられません。正絹(シルク)等のデリケートな素材で作られている着物にとっては、雨による水濡れはまさに「大敵」なんです。

着物の「洗い張り」とは?詳しい方法や価格の注意点を紹介!

着物を洗う方法には、大きく分けて「洗い張り」と「丸洗い」の2種類があります。このうち洗い張り(あらいばり・あらいはり)とは、着物の縫い糸をほどいて反物(たんもの)の状態に戻し、水洗いをして着物をキレイにする方法です。平安時代頃には既にこのやり方で洗濯が行われていたとも言われるほどの伝統的な洗濯方法な

着物を着た後のお手入れはどうする?長持ちさせるアフターケア

着物の着付け、慣れない着物でのお出かけ…着物のオシャレは楽しいけれど、意外と疲れる時もありますよね。着物のお出かけをした後は、洋服にきがえてゆっくり寛ぎたい…という人も多いのではないでしょうか。でも着物を脱いだ後に忘れてはいけないのが、着物のお手入れ。せっかくの着物を長く着るためには、「着物を着た後

喪服着物にカビが!応急処置は?自分でできる着物のカビ対策

突然のお通夜やお葬式。急いで喪服着物を用意しなくては…と着物を出してみたら、着物にカビが!湿気の多い日本では、こんな経験をお持ちの方も多いかもしれませんね。着物の生地に残っている汗や汚れ等は、カビ菌の大好物。保管状態によっては、一気にカビが増えてしまうこともあります。カビを見つけ次第、早めに

着た後が大切!七五三着物のアフターケアと保管方法

子どもたちの成長を祝う大切なイベントである「七五三」。お子様の振袖や羽織袴等の晴れ着姿は、ご両親にとっても特別な思い出となるものですね。でもお着物に慣れていない方の場合、七五三の後の「着物のお手入れ」や「保管方法」について悩んでしまう方も多いようです。大切な思い出のお着物ですから、キチンとお手入れを

カビ・変色防止にも!着物を包む たとう紙(文庫紙)を交換しましょう

日本古来の文化である「着物」は、大切に保管すれば何年でも着られるもの。でも「着物の着付け」等の情報に比べると、「正しい保管方法」については知らない方も多いようです。中でも盲点になりがちなのが「たとう紙の交換」と言えます。箪笥や押し入れにしまってあるお着物を包んでいる「たとう紙」、着物を購入された時の

TOP