1. HOME
  2. ブログ
  3. 準備をするのは嫁側?お宮参り準備のQ&A

準備をするのは嫁側?お宮参り準備のQ&A

お宮参り準備

お子様の健やかな成長を神様にお祈りする行事である「お宮参り」。日本の古来からの伝統行事ですが、七五三等に比べると「馴染みが無い」という方も多いようです。お宮参りの準備をしたいけれど、どうしたらいいのかわからない…とお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はお宮参りのお着物(祝い着・初着)等の準備について、よくある疑問にお答えしていきます。

お宮参りの準備は母方(妻側)がするの?

古来のお宮参りでは、母方(嫁側)の実家がお宮参りの着物や費用等の全ての準備をし、父方の家族が行事に参加するのが習わしでした。そのため現在でも「お宮参りの着物は母方が準備する」という風習が根付いている地域が多くあります。

しかし近年では父方・母方のご家族皆様でお祝いをされるケースも多く、「祝い着を母方実家が準備し、父方実家が食事会の費用を持つ」といった分担をする地域も増えています。また地域によっては父方がお宮参りの準備をするところもあります。ご両家の風習について事前に確認をなさった方が安心ですね。

 

どんな着物を準備すればいいの?

お宮参りでお子様が着る祝い着には、「仕立て上がり」のお着物を準備します。仕立て上がりとは、反物の状態ではなく既に縫製されているもの、いわば「既製品」のことです。仕立て上がりはすぐに着用できるので、小さな赤ちゃんのお祝い事には丁度よいというわけですね。

「一ツ身」を準備されるご家庭が多い

お宮参りの着物では、男児・女児ともに「一つ身(ひとつみ)」という大きさのお着物を準備されるご家庭が多いです。一ツ身の着物は3才~4才頃まで着用できるため、肩上げ・腰上げをして七五三の3才のお祝い時の晴れ着としても使用できます。

なお地域によっては、四ツ身(よつみ)という大きめのお着物を初着として準備される場合もございます。こちらはかなり大きく、7才~8才頃まで使用できるお着物です。

男の子の祝い着の柄は?

男の子のお宮参りのお着物では、伝統的には「熨斗目(のしめ)」と呼ばれる腰の当たりで絵柄が切り替わる着物、もしくは腰の部分を白く染め残した着物を選びます。兜・虎・鷹等、勇壮な柄行が選ばれることが多いです。

女の子の祝い着の柄は?

女の子のお宮参りのお着物には、柄行が全体でひとつづきになっている「絵羽柄(えばがら)」のものを選びます。華やかで美しい友禅模様(ゆうぜんもよう)が人気です。牡丹や桜等の季節の花や、宝船・小槌・小鼓・鶴等の吉祥文様(きっしょうもんよう、おめでたい柄)が一般的とされています。

お宮参り着物には長襦袢がセット

「お宮参りの着物って、襦袢の準備はどうしたら良いのかしら?」と悩まれている方も居るかもしれませんね。新しくお宮参りの着物を購入される場合には、襦袢(長襦袢)は既にセットになっていますので、別途購入をする必要はありません。

レンタルでお着物を借りる場合にも、長襦袢は「セット」の扱いになっています。レンタル業者によっては、長襦袢を既に仮縫いのような形で、お着物の中に糸で止めた状態でお渡しすることもあるようです。

なお長襦袢の中に着る「肌着(短肌着・長肌着)」は、着物とは別扱いになることがほとんど。フードやスタイと一緒に「小物セット」として肌着が含まれることもありますが、販売製品やレンタル業者によっては肌着類のお取扱いは異なります。購入する・借りるセットに肌着類が含まれているかどうかは、事前によく確認しておいた方が良いでしょう。

 

お宮参り着物以外には何を準備すればいい?

お宮参りでは、着物(祝い着)以外に以下のような小物類が必要です。

・帽子:正絹等で作られた礼装用の白い帽子(フード)を使用します。
・よだれかけ(スタイ):帽子とセットとなっていると改まった装いになります。

お着物と合わせて、フード類を準備しておくと良いですね。また地域によっては、以下のような小物を準備することもあります。

・末広(扇子)
・お守り袋
・守り刀
・犬張子
・デンデン太鼓
・御紐餞(のし袋) 等

なお必要な小物類については地方によって考え方が異なります。扇子・デンデン太鼓・犬張子等を付ける地域は主に関西地方で、関東地方では一般的ではありません。お嫁ぎ先・お参りをされる地域の風習を予め確認しておくと安心です。

 

お宮参り着物には家紋を入れるってホント?

男の子のお宮参りの初着には、家のマークである「家紋(かもん)」を入れるのが一般的な風習となっています。家紋は両胸・背中・両袖の5箇所に入れるのが基本です。5箇所に紋が入った「五つ紋」は着物の中でも最高ランクである「正礼装(フォーマル)」の装いであり、お宮参りといった大切な行事にはピッタリと言えます。

なお女の子の場合には、一般的には家紋を入れないことがほとんどです。「家紋をどうしても入れておきたい」という場合には、背中の一箇所に「一つ紋」として家紋を入れます。ただ女児向けの祝い着(掛着)は男児向けと異なり、紋を入れることを想定していない柄行であることも多いです。「女の子でも家紋を入れたい」という場合には、紋を入れてもバランスが良いような柄行の祝い着(掛着)を選ぶようにします。

家紋は父方・母方どちらの家のものを入れるの?

お宮参りの初着の家紋については、地域によって考え方が異なります。「男の子の祝い着には男系の家紋を、女の子には母系の紋を」という風習もありますし、「祝い着は嫁側が準備をする『贈り物』であるから、母方の紋を入れる」という地域もございます。必ずしも「こちらが絶対に正解」と言い切れるものではありません。ご両家の家紋についてのお考え方について、ご確認をされておくことをおすすめ致します。

レンタルの場合には?

レンタル着物の場合、「貼り付け紋」というシールのような貼付け型の家紋で紋入れの代用とすることが多いです。また業者によっては何種類かの家紋入りの着物を準備しているところもあります。

家紋指定が無い場合には、どの家でも使える家紋である「五三の桐」が入ることが多いです。「五三の桐」は全国共通の家紋ですので家紋違いという問題は出ませんが、見る人が見れば「借りた衣装である」ことが一目でわかってしまうのがネック。できれば貼り付け紋、もしくは紋指定ができるお衣装を選んだ方が良いでしょう。

購入の場合の準備はお早めに

お宮参り着物を購入される場合、男児向けの祝着では家紋入れを無料サービスとしている呉服店も多いです。しかし店舗・業者によっては、家紋を入れるのに1ヶ月程度お時間がかかる場合もございます。ご購入の準備はお早めにされた方が良いでしょう。当店でもお宮参り着物の家紋入れを承っておりますので、お急ぎの場合にはご相談下さいませ。

昔の着物を活用する場合には?

「家に眠っていた祝い着を初着として使いたいけれど、家紋が違うから使えないかも…」そんな時には、家紋を入れ直してお使いになるのはいかがでしょうか?呉服店・和装クリーニング店等の和装専門業者では、家紋の入れ替え(入れ直し)をすることができます。当店でも家紋の入れ替えを承っております。

 

おわりに

お宮参りという行事は長い伝統があり、なおかつ家庭的な行事である分、地域によって異なる風習が強く根付いている傾向にあります。そのためご準備の受け持ち、ご用意をされる小物等については「全国統一」での画一化されたルールがありません。

また近年ではお宮参りについての考え方もより「現代の暮らし」に即したものに変化してきています。ご夫婦ご両家の風習やお考えをよく摺り合わせ、どちらのお家も納得された形でお宮参りができるようにしたいですね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

プロフィール

吉原ひとし


着物ケア診断士 吉原ひとし

着物の染み抜きやお直しをする場合、加工内容や料金は検討がつかないと思います。お近くに専門店があれば安心ですがシミや汚れを見てもらったが、無理だと言われ諦めてしまう方が多いのです。遠方にお住まいの方はお電話又はメールでご相談いただければ、無料にてアドバイスさせていただきます。クリーニングやお直し以外でも着物の事ならお気軽にご連絡ください。

LINE@ ご依頼方法と送り方

人気記事

最新記事