1. HOME
  2. ブログ
  3. 昔の着物をお宮参り着物として使いたい!祝着を再デビューさせる時の準備

昔の着物をお宮参り着物として使いたい!祝着を再デビューさせる時の準備

宮参り着物として使いたい

日本の伝統文化である「着物」が見直される中、お宮参りで赤ちゃんに初着(祝着)を着せる方がまた増えてきています。お若いご夫婦を中心に「昔の着物を初着として使う」という方法も人気となっているようです。30年前・40年前のお宮参りや七五三に使った着物を再デビューさせるには、どうしたらいいのでしょうか?ここでは昔の着物をお宮参り着物として活用させる時に知っておきたい情報をご紹介していきます。

昔の着物だと柄が古い?そんな心配は要りません

30年も前の着物だから、柄が古いのでは…」「流行遅れでおかしいって思われない?」…昔のお着物をお宮参り着物に使いたいという人からは、時々こんな不安のお声も聞かれます。でもお宮参りの着物について、そんな心配はまったく要りません!お宮参りの着物の柄行は、基本的にほとんど昔から変わらないのです。

お宮参りの着物では、男児では鷹や兜(かぶと)・熨斗(のし)・龍等、女児では鞠(まり)・花車・鶴・牡丹・桜等の柄がよく使われます。鷹が好まれるのは、運や幸運をしっかり掴んで離さない鳥であることから。また兜や熨斗も、邪気や災厄から身を守る意味で用いられます。鶴・花車といった吉祥文様(きっしょうもんよう)も、全てお目出度く幸運を祈る意味があるもので、お子様の成長を祈る意味合いで着物に取り入れられているのです。

元々「お宮参り」とは、その土地の氏神様にお子様のことを覚えてもらい、神様によるご加護を祈るもの。「この子に健やかに育って欲しい」「病気・災厄といった悪いものに付かれることなく、元気に生きて欲しい」という親たちの祈りは、昔も今も変わることがありません。

目まぐるしく流行が変わる洋服とは異なり、お宮参り着物等の和装においては上記のような「祈り」を込めた伝統ある色柄が長く息づいています。30年前・50年前の着物でも「流行遅れ」といったことはありませんので、どうぞご安心ください。

 

お宮参りに長襦袢は必要?

「着物は家にあるんだけど、長襦袢(ながじゅばん)を出してみたら色がおかしい…」こんなお声もよく聞かれます。正絹でできている長襦袢は、長期間保存をしていると黄ばんだり、カビが目立ってしまっているということも多いもの。いくらお着物が良い状態でも、中に着ている長襦袢があきらかに変色しているのでは、ちょっと困りますよね。

お宮参りの着物では、必ずしも長襦袢を付けなくてはならないということはありません。お宮参りではお子様を抱いたお母様・お祖母様の肩から着物をかける形を取りますが、祝着には胸元に紐が付いておりますので、長襦袢が無くても着付けをすることは可能です。

また長襦袢をお持ちの方でも、夏季等の暑い時期には赤ちゃんの体調を考えて「長襦袢無し」とされる方も大勢居ます。暑い時期に二枚の着物を重ねると、赤ちゃんにはかなり暑く感じられますし、出産をされたばかりのお母様にも負担がかかってしまいがち。ですから長襦袢無しで涼しく過ごそうと考える方が多いのです。

無理に長襦袢を用意されなくても、心配することは無いでしょう。保管していた長襦袢の状態が悪い、長襦袢が見当たらないという場合には、「長襦袢無し」という形になさっても大丈夫です。

長襦袢を用意したい場合には?

「写真撮影の時に、やっぱり長襦袢があった方がいい」「飾り袖(付け袖)があるお宮参り用の長襦袢が可愛らしいから、長襦袢だけ用意したい」…こういう方もいらっしゃると思います。

ただ「お宮参り用」の長襦袢については、単体での取扱を行っている店舗がとても少なくなっています。お宮参り用の長襦袢は「七五三用」とは異なり、袖に丸みが付いておらずに付け袖が付いており、紐の位置もやや高めです。お宮参り用に作られた襦袢は「着物とのセット」という取扱をしている店舗がほとんどで、単体で販売をしているお店があまり無いのです。

お宮参り用の長襦袢をネット販売している店舗もかなり少ないので、まずはお近くの呉服店に単体購入ができないかご相談をなさってみてはいかがでしょうか。なお当店では、お宮参り用の長襦袢の単体販売を13,500円(税抜)で行っております。お近くの店舗で長襦袢の取扱が無いという場合には、是非ご相談下さいませ。

 

家紋を入れ替えましょう

男の子の祝着(掛着)には、家紋を入れるのが一般的です。お宮参りに着る着物は正礼装であるため、家紋は五ヶ所(両胸・両袖・背中)に入れる「五つ紋」となっています。男児の掛着には父方の家紋を入れるという地域が多いですが、地域によっては女系の家紋を入れる場合もあります。

昔の着物を祝着としてお使いになる場合、「着物はあるけど、入っている家紋が違うから初着には使えない…」と諦めてしまわれる方も多いようです。でも折角の思い出の着物を使えないのは、もったいないですよね。呉服店・和装クリーニング店等の和装専門業者では、「家紋の入れ替え」をすることができます。家紋を入れ替えることで、大切なお着物をいつまでも受け継ぎながら使い続けることができるのです。

家紋入れ替えができないか、お近くの呉服店・和装専門店にご相談をされてみてはいかがでしょうか。当店でもお宮参り着物の家紋の入れ替えを承っておりますので、是非ご相談下さい。

 

肩上げ・腰上げをされている場合には解きましょう

お宮参りの祝着(掛着)は、「縫い上げ(肩上げ・腰上げ)」をすることで七五三の3歳のお祝いの晴れ着としても使うことができます。肩上げ・腰上げとは、簡単にいえば大きな着物のサイズ合わせをすること。お家によっては、七五三の時に行った肩上げ・腰上げをしたままでお着物をしまわれているかもしれませんね。「昔の祝着がある」という時には、一度広げて肩上げ等が行われていないかをチェックしておきましょう。

「縫い上げ(肩上げ・腰上げ)」は七五三の時のための誂えですので、そのままの状態でお宮参りに使うことはできません。縫い上げの部分を解き、元の状態へと戻す必要があります。縫い上げを解くのは、和装・洋装の経験がある人でしたら存外カンタンに行えますので、当店で紹介している「肩上げ・腰上げの方法」等をご参照いただきながら解いていただければ良いかと思います。

ただ長期間肩上げ・腰上げをした状態で保管をしていた場合、つまんだ箇所のシワが深く付いていたり、その箇所が変色を起こしている場合もございます。しばらく置いてもシワが取れない、変色が目立つという場合には、お近くの和装業者・和装クリーニング専門店に対処を依頼された方が良いでしょう。

 

おわりに

元来日本では、晴れ着や祝着といった着物を親から子へ、子から孫へと受け継いでいく文化がありました。かつて身にまとった思い出深い祝着を赤ちゃんが身につけることは、ご家族にとっても悦ばしいことですね。ほんの少し手を入れるだけで、昔の着物は「今の初着」として生まれ変わらせることができます。昔の着物の活用法についてご不明な点等がございましたら、是非着物診断士が在籍する当店までお気軽にご相談くださいませ。

関連記事

プロフィール

吉原ひとし


着物ケア診断士 吉原ひとし

着物の染み抜きやお直しをする場合、加工内容や料金は検討がつかないと思います。お近くに専門店があれば安心ですがシミや汚れを見てもらったが、無理だと言われ諦めてしまう方が多いのです。遠方にお住まいの方はお電話又はメールでご相談いただければ、無料にてアドバイスさせていただきます。クリーニングやお直し以外でも着物の事ならお気軽にご連絡ください。

LINE@ ご依頼方法と送り方

人気記事

最新記事