ブログ

長襦袢の洗濯は自宅でできる!

長襦袢の洗い方

着物人気が再燃している昨今、普段のおしゃれ着に着物を選ぶ方が増えましたね。さて着物を身につける機会が増えると、気になるのが「長襦袢のクリーニング」です。

滅多に着ないのなら専門店に任せても良いですが、着物をよく着るのにその都度長襦袢をクリーニングに出すと、代金もなかなか大変。こんな時には、思い切って長襦袢を自宅で洗ってみませんか?

慣れてしまえば、長襦袢の洗い方は意外とシンプルです。ここでは長襦袢を自宅で洗う方法と注意点について、わかりやすくまとめてみました。

お洗濯前の準備をします

1)半襟を外します
クリーニング店に依頼をする場合は半襟は付けたままでOK。
でも自宅での洗濯では、半襟は必ず外して洗います。

2)素材を確認します
絹(正絹)素材の場合、洗い方は必ず「手洗い」です。
それ以外の場合には、洗濯機を使って洗えます。
ただし、以下の場合には手洗いをした方が無難です。

・昔の長襦袢で素材がわからない場合
・洗濯表示で「手洗い」マークがある場合
・初めて水を通す場合

 

長襦袢を洗います

用意するもの

  • 洗濯用洗剤(中性のもの)
  • 柔軟剤もしくはヘアリンス(長襦袢が色物の場合、ヘアリンスの方が理想的です)
  • 洗濯用ネット(洗濯機を使用する場合)

手洗いの場合

1)長襦袢は汚れた箇所をチェックし、畳んでおきます。
2)洗面器等に水を張り、中性洗剤を適量溶かします。
3)長襦袢を畳んだ状態で水に浸し、優しく押し洗いをします。
4)汚れが気になる箇所には直接中性洗剤をつけて馴染ませ、振り洗いをします。
5)水で一度濯ぎます。
6)再度洗面器に水を張り、柔軟剤もしくはヘアリンスを適量溶かします。
7)柔軟剤を入れた水に長襦袢を漬けます。
8)最後に水でよく濯ぎます。
9)シワにならない程度に、ごく軽く脱水します。

洗濯機の場合

1)長襦袢を畳み、洗濯ネットに入れます。
2)洗濯機の「手洗い」コース等の柔らかな洗い方のコースを選びます。
3)濯ぎの段階で柔軟剤もしくはヘアリンスを使います。
4)脱水はごく短い時間に設定しておきましょう。
※乾燥機付きの洗濯機を使用する場合、乾燥を含めたコースは使用しないでください。生地が縮む原因となります。

 

アイロンをかけます

長襦袢を洗う場合、「洗った直後」にアイロンをかけて伸ばす工程が必要です。
長襦袢を洗ってそのまま干して乾かすと生地の縮みが戻らず、着物との寸法が合わなくなってしまうことがあります。 特に絹(正絹)・シボのある素材・初めて水を通す場合は必ず縮みますので気をつけましょう。

1)アイロンを低音に温めておきます。
2)脱水直後の濡れた状態の長襦袢を広げます。
3)シワを伸ばすのと同時に、生地を引っ張るように意識をしながらアイロンをかけていきます。
4)初心者の場合、完全に乾かさずに「半乾き」に仕上げます。
5)和装ハンガーに長襦袢をかけて形を整え、完全に乾かします。

長襦袢の洗濯・アイロン時の注意事項

●生地によっては大きな縮みや生地ダメージを伴う場合があります。特に正絹等のデリケート素材にはご注意下さい。
●初めて洗濯される場合、着なくなった長襦袢等で練習をされることをお勧めします。

 

洗濯が不安な場合にはカンタン・安心な専門店へ

「半襟の外し方がよくわからない…」
「和装のアイロンがけ、したことないから心配」
そんな時には、長襦袢クリーニングの専門店に依頼をしてみましょう。専門店で長襦袢を洗う場合には、半襟を外す必要はありません。また和装クリーニング専門店では、それぞれの素材に合わせた適切なクリーニングを行い、汗や皮脂の汚れをスッキリと取り除いてくれます。特に高級な長襦袢や大切な思い出の品物、着物と合わせて仕立てたもの等は、専門店に相談をされることをお勧めします。

関連記事

LINE@
ご依頼方法と送り方

カテゴリー

最近の記事

ページ上部へ戻る