喪服クリーニング

喪服染み抜きクリーニング
最近は着ることが少なくなった喪服着物。しかし突然着なくてはいけなくなるもの喪服なのです。特に着ない着物だからこそイザという時に備えて普段からお手入れは必要になってくるのです。喪服着物は着物の中でも5つの家紋が入り格式の高い第一礼装です。トラブルの中でもいちばんカビの生える事が多かったり家紋が変色したりとお困り事は様々ですが、準備してある喪服着物があるのであればしっかりと確認してみてください。

葬儀に着る着物のイメージも強いのですが、お母様の喪服を卒業式に着るお嬢様も急激に増えているのです。着ない着物の再利用もあるのですが、喪服に袴をはいて退団式をしている宝塚の影響も強いのでしょう。黒い地色の着物は顔移りも良く若いお嬢様にとっては家紋もお洒落な柄のようなのです。着なくなったお母様の着物を着ることにより虫干し代わりになりますので特にお勧めです。

丸洗いクリーニング

年に何回も着るような着物ではありませんのでしっかりとしたお手入れが必要になります。汚れが目立つ部分は決まっていますので衿と袖口をしっかりと確認してください。花の花粉などには特に注意していただき当分着る予定がない方がいい着物ですので丸洗いクリーニングですべての汚れを落としてからタンスに保管してください。当店の丸洗いは水性の汚れなどすべてを綺麗にしますので大変喜ばれています。

気になる着用時の汚れについて

ほとんどの方がファンデーションの汚れでお困りのようです。染み抜きはご希望の部分だけの染みを綺麗にしますのでとてもお値打ちに仕上ります。食べこぼしや血液の染みなどは成分に合わせて職人が染み抜きしていきますので安心で綺麗に仕上ります。

着用時の汗シミについて

汗染みで輪が出来てしまっているような場合は汗抜きクリーニングをお勧め致します。汗シミも水性の汚れですが裏地から手作業で綺麗に落として行きますので安心です。汗をかいたままの保管は変色が早く特に危険ですので専門店へのご相談をお勧め致します。

箪笥から出したら茶色いシミがあった場合

お嫁入りから何十年も確認していない喪服着物はカビが生えていたりカビが原因で茶色く変色していたり色があせてしまう場合が良くあります。着物を解かずにすべての変色染みを漂白作用のある溶剤で色を軽く抜き全体の色に染色補正士が合わせていきます。

保管してあった喪服着物にカビが生えている場合

着物の中でも喪服はカビが生えやすい性質を持っています。喪服以外の着物より染めに高度な技術は必要なのですが、染料に水の分子を引き寄せる性質がありのが厄介な着物なのです。喪服だけはタンスの中でも別の桐に入っている事があるぐらいデリケートな着物なのです。軽度のカビはクリーニング綺麗になりますので早めの処置が肝心なのですが重度のカニになると染色補正も必要になる場合はありますので必ずお見積りをしてからお客様と相談させていただきます。

 

喪服染み抜き・クリーニング料金表

袷喪服
汗抜き丸洗いクリーニング 8,000円
丸洗いクリーニング 7,000円
カビ取りクリーニング 10,000円
汗取りクリーニング 4,600円
染み抜きクリーニング お見積り
古い染み抜き お見積り
単衣・絽喪服
汗抜き丸洗いクリーニング 7,000円
丸洗いクリーニング 6,000円
カビ取りクリーニング 9,000円
汗取りクリーニング 4,600円
染み抜きクリーニング お見積り
古い染み抜き お見積り

※料金は全て税別価格です。

 

よくあるご質問

:家紋を入れ替えて娘に譲る方は多いですか?
:着なくなった喪服を譲るお母様は多くなっています。今でもお嫁入りに最低限度の着物を準備する方は多く新しく購入される方もたくさんみえますが、自分が必要な時はレンタルにして手持ちの喪服の家紋を入替え新品にして用意する方法として喜ばれています。

:長い間、着ていない喪服にカビが生えているのですが直りますか?
:着物の中でもカビが生えやすいのですが、綺麗にすることは可能です。カビの生えている程度にもよりますが軽度のカビであればカビ取りクリーニングで綺麗になります。しかし重度の場合は地色が変色している場合があるので変色直しをしないと綺麗には仕上らない場合があります。必ず見積り後の作業となりますので安心です。

:太ってしまったので着物の幅が狭く感じます。身幅直しでしょうか?
:着物の幅は広くしたり狭くしたりすることができます。直したい部分が身幅だけであれば身幅サイズ直しでお値打ちに仕上りますが二ヶ所以上の部分直しの場合は仕立て直しの方が安く仕上る事もありますのでご相談後にすすめさせていただきます。

:裏地がすごく汚れています。綺麗になるでしょうか?
:裏地が変色している方も多く困っています。裏地は生地が薄い為に変色直しができませんので新品の胴裏を付け直す作業になります。

:付いている家紋が変色している気がします。綺麗になりますか?
:白い家紋は変色しやすくほとんどが湿気が原因なのです。家紋洗いで元通りの白い家紋に戻りますのでご安心ください。

:一度、着たのですがクリーニングは必要でしょうか?
:喪服は着る回数が少ない着物なのでできれば着用後はクリーニングや染み抜きをしてからの保管をお勧め致します。

:ファンデーションの汚れだけ落としていだだけるのでしょうか?
:お請けいたします。衿の汚れは必ず綺麗にしないと次回着ることができなくなる場合もありますので必ずお手入れをした方がいいでしょう。

:長襦袢と合わないので袖丈のサイズは直るでしょうか?
:大きくする場合は拝見してみないと大きくなる寸法をお伝えできませんが小さくする場合は可能です。見本となる長襦袢を一緒に送っていただければこちらでサイズを測り寸法を合わせてお直し致します。

:着用後、干してあるのですが帯を締めた部分が白くなっているのは汚れですか?
:黒地の喪服は帯を締めただけで胴周りが白くすれてしまう場合があります。そのままでも見える部分ではありませんが綺麗に直す事もできるのです。

:雨に濡れたような気がします。クリーニングは必要でしょうか?
:最近の雨はたくさん不純物を含んでおりしっかりと洗濯後の保管をしないと変色の原因になるのです。お手入れをしておけばイザという時にも安心です。

LINE@
ご依頼方法と送り方

カテゴリー

最近の記事

ページ上部へ戻る