家紋入れ
  家紋入替え

着物家紋

着物に入れる家紋についてお困りではありませんか?ご自身の着物をお嬢様に譲る時に家紋を入れ替えたいと考えていらっしゃる方も長い間来ていなかったために家紋が色あせてしまった方、用途を変えるために家紋の数や種類も変える必要がある方、すべての着物の家紋は入れ替えることができ、白い家紋が変色してしまった場合には洗うことも可能です。

家紋を入れる着物には黒留袖・色留袖・喪服着物・色無地・男児初着(お宮参りの着物)などあり、実家の家紋を入れたり嫁ぎ先の家紋を入れたりと様々です。決まりはありませんが一般的には実家の家紋を入れて嫁がれるお嬢様が多いようです。黒留袖・色留袖・喪服・初着には白く抜いた家紋(抜き紋)を入れます。黒留袖・喪服・男児初着には5つの家紋を色留袖には格式に応じて1つ・3つのどちらかを選んで家紋を入れます。

また色無地は着る用途で縫い紋(刺繍のような紋)と抜き紋(白い紋)に分かれ一般的には縫い紋を一つだけ入れて着る用途が多くなるように準備をされるのです。すべての着物の家紋は入れ替える事ができ、白い家紋が変色してしまった場合には洗う事も可能です。

家紋を入れ替える
家紋入替え

留袖の家紋入替え

5つの家紋が入っている黒留袖と3つ又は1つの家紋が入っている色留袖がありますが、仕立ててある留袖の背と袖の縫い目を15センチ程度解いて作業を進め縫い戻しすることにより違う家紋を綺麗に入れ直す事ができるのです。

留袖の家紋入替え料金表

黒留袖(五ッ紋)23,400円
色留袖(一ッ紋)20,200円
色留袖(三ッ紋)25,800円

※特殊紋の場合は型代が5,000円追加となります。
※料金は全て税別価格です。

喪服の家紋入替え

喪服には抜き紋(白い紋)が5つ入っており、袷(冬用)と単衣(春秋用)と絽(夏用)がありますが、裏地を解かない単衣と絽は袷より料金がお手頃になっております。昔、お嫁入りに持ってきた着物をお嬢様に譲る時にはとても便利で新品同様になりお嫁入り道具の準備には最適です。

喪服の家紋入替え料金表

冬用喪服(五ッ紋)21,800円
夏用喪服(五ッ紋)18,600円
単衣喪服(五ッ紋)18,600円

※料金は全て税別価格です。

色無地の家紋入替え

色無地は基本1つ背に入っており白い家紋の「抜き紋」と刺繍のような「縫い紋」と大きく分かれます。抜き紋は格式の高い家紋ですので抜き紋が入っている場合には着物の格式も上がります。色無地に入っている家紋によって料金も異なりますのでご確認ください。

色無地の家紋入替え料金表

冬用色無地(縫い紋)11,800円
冬用色無地(抜き紋)12,800円
単衣色無地(縫い紋)11,800円
単衣色無地(抜き紋)12,800円
夏用色無地(縫い紋)11,800円
夏用色無地(抜き紋)12,800円

※料金は全て税別価格です。

お宮参り着物(初着・産着)の家紋入替え

お子様が生まれると成長を祝いお宮参りを行います。その際にこの初着を羽織ります。最近ではお父様やお母様が昔羽織った着物をお子様に着せ親子二代できる楽しみがあると人気です。

お宮参り着物(初着・産着)の家紋入替え料金表

男児初着家紋入替え28,800円
男児初着家紋入れ13,000円

※料金は全て税別価格です。

家紋入れ(家紋洗)・家紋入れ替えのよくあるご質問

Q.自分の家の家紋・嫁ぎ先の家紋がわからないのですが。
A.家紋は着物のほかに、仏壇(ぶつだん)、袱紗(ふくさ)等に付けられることが多いです。またお家のお墓があれば、お墓を確認してみましょう。お墓(墓石)には多くの場合、その家の家紋が彫られています。またお家の「本家」がありましたら、本家に確認を取ってみるのも手です。基本的に本家と分家は同じ家紋や似たモチーフの家紋を使用します。どうしても家紋がわからない場合には全国共通の家紋である「五三の桐」を入れれば間違いにはなりませんが、事前にご親戚等によく確認しておくことをおすすめします。
Q.家紋の「丸」有りと無し、両方が見つかりました。正解は?
A.地域によっては、男性の着物に丸有り、女性の着物(女紋)には丸無し…といった家紋の考え方をするところもあります。また分家と本家で丸の有無を変えたり、正式の紋(正紋)以外に複数の紋を有しているご家庭もあります。
 
いずれの場合も気をつけたいのは「丸が有る紋」と「丸無し紋」は別の家紋として扱う地域も多い、という点です。正式の紋がどれなのか、丸がついているのかどうかは慎重に確認することをおすすめします。
Q.子どもの着物に入れる家紋の色は選べますか?
A.男の子の羽織や七五三着物に入れる家紋は、「白色」または「金色」から選べます。どちらの色でも、家紋入れ替えの料金は同じです。お好みの色をお申し付けください。
Q.家紋を入れ替えたことは見た目にバレませんか?
A.ふじぜんの家紋入れ替えでは、初めて家紋を入れた時のように美しく家紋を仕上げることができます。見た目に「家紋を入れ替えた」とはわかりませんので、ご安心くださいませ。新品のように「しつけ」を付けて仕上げることも可能です。
Q.抜き紋と縫い紋はどちらを選べば良いですか?
A.抜き紋と縫い紋では、「抜き紋」の方が家紋としての格が高いです。その他、以下のような違いがあります。
● 抜き紋(ぬきもん)・日向紋:染め抜いた家紋である「抜き紋」を入れた着物は、とてもフォーマルな装いです。冠婚葬祭に使用する留袖(とめそで)や喪服着物には、抜き紋を入れます。また「色無地(いろむじ)」も、抜き紋を入れると結婚式や祝賀会・法事・七五三・式典といったフォーマル度の高いイベントに着用できます。
● 縫い紋(ぬいもん):刺繍で入れた家紋「縫い紋」を入れた着物は、略式の礼装でもよりカジュアルよりの扱いです。金糸・銀糸の場合は軽いパーティーや大寄せ茶会には使えますが、結婚式なら「小さなパーティー・二次会ならOK」といった扱いです。またその他の色を使った縫い紋は「おしゃれ着扱い」となります。観劇や友人同士での食事会といった場に着用するための「洒落紋」ですので、フォーマルには向いていません。
色無地に家紋を入れる場合、どのようなシーンで着用するかを考えて「抜き紋」「縫紋」を選びましょう。
Q.貼り紋(シール紋、貼付け紋)ではダメですか?
A.シールやワッペンのように家紋の上からペタリと貼るタイプの家紋「貼り紋」は、着物の格を大幅に下げてしまいます。「急場の弔事で、どうしても時間が間に合わない」…といった事態であれば仕方がありませんが、フォーマルな祝いの場には不向きです。
 
貼り紋は着物に詳しく無い人でも「貼っているな」とわかりますし、意外と目立つもの。祝い着がレンタルのように見えるのももったいないところです。できれば染め紋(または縫い紋)の入れ替えをおすすめします。
Q.嫁入り道具の着物には実家の家紋?婚家の家紋?女紋?
A.嫁入り道具として持たせる「黒留袖」や「喪服着物」に入れる家紋の考え方は、地域によって大きく異なります。
● お嫁さんの「実家」の家紋を入れる地域:家紋は「出身家」を表すものという考え方です。この場合、「お嫁様のお父様の家の家紋)父方の家紋)」を着物に入れます。
● 女紋(おんなもん)を入れる地域:女紋は近畿地方を中心に、西日本側に多い文化です。女紋は母から娘へ、娘から孫娘へ…と、女性から女性へと受け継がれていきます。そのため、母から娘へ着物を受け継がせる時に家紋入れ替えが不要という場合もあります。
● 着物を作った家の家紋を入れる地域:家紋は着物を誂えた家(準備した家)を示すという考え方です。お嫁さんの実家が着物を準備した場合には実家の家紋が入りますが、嫁入り先が着物の費用を出した場合には嫁入り先の家紋が入ります。
地域によって、嫁入り着物の家紋の「正解」は違うということです。ご実家と嫁入り先、それぞれの家紋の考え方を確認して、皆様が納得できるものをお選びになると良いでしょう。
Q.お宮参りの初着・七五三着物に入れるのは父方の家紋?母方の家紋?
A.お宮参りの産着・初着、七五三の着物についても、家紋の入れ方には地域性による違いが見られます。
● 男の子の産着には父方(嫁ぎ先)の家紋、女の子には家紋無しの地域
● 男の子の産着には父方の家紋、女の子の産着に母方の家紋を入れる地域
● 男の子の産着にも、女の子の産着にも母方の家紋を入れる地域  等
お宮参りも七五三も平安時代頃から各地域に定着した文化であるため、地域によって捉え方が大きく異なるのです。「全国的にこれが絶対」という統一したルールはありません。ご両家のどちらかだけで家紋を決めてしまうのはトラブルの元。両方のご家庭の考え方をよく確認することをおすすめします。
Q.家紋の入れ替えをしたい昔の着物、その他にシミや汚れもあって気になります。
A.当店は着物専門のクリーニング店として、着物のシミ抜きカビ取り丸洗い等のサービスも行っています。家紋の入れ替え・家紋洗いと一緒に、その他のクリーニングを行うことも可能です。お見積りは無料ですので、お気軽にご相談くださいませ。

プロフィール

吉原ひとし


着物ケア診断士 吉原ひとし

着物の染み抜きやお直しをする場合、加工内容や料金は検討がつかないと思います。お近くに専門店があれば安心ですがシミや汚れを見てもらったが、無理だと言われ諦めてしまう方が多いのです。遠方にお住まいの方はお電話又はメールでご相談いただければ、無料にてアドバイスさせていただきます。クリーニングやお直し以外でも着物の事ならお気軽にご連絡ください。

LINE@ ご依頼方法と送り方

人気記事

最新記事