訪問着は略式のフォーマル服(礼服)としても使える着物です。ご友人の結婚式、お宮参り・七五三、入園式、入学式、ちょっとしたパーティなど、幅広いシーンで着ることができます。

改まった場で着る服ですから、訪問着はきちんとクリーニングをして、キレイな状態にしておきたいですね。

吉原ひとし
吉原ひとし
こんにちは。創業明治三九年 四代目 ふじぜん 吉原ひとしと申します。着物を専門に取り扱うクリーニング店の店主をさせていただいております。当店のクリーニングなら、訪問着の丸洗いクリーニングからシミ抜き・カビ取りなど、様々なお手入れOK。染め直し、お仕立て直しやサイズ直しなどにも対応しています。着物専門クリーニング・修復店ならではの技術力にお任せください!

訪問着お手入れの基本「丸洗いクリーニング」

日常的に着物を使わない人の場合、訪問着を一度着ると、次に着るのが数年後になることも珍しくありません。フォーマル服である分、普段着に比べて着用回数が少なくなりがちです。

着用後には汚れが目立たない場合でも、長く保管中には残っていた汚れが「カビの発生」「変色」といったトラブルの原因となることも。

訪問着を保管する前には『ふじぜん』の「丸洗いクリーニング」でお手入れをしておくと安心です。着物専用の特別な溶剤を使い、着物全体のチリ汚れ、ホコリ汚れ、かるい皮脂汚れなど、日常的に付きやすい汚れを落としていきます。

【こんな時には丸洗いクリーニング】

  • 訪問着を着用後、次回の着用予定が無い時に
  • シーズンの終わりのお手入れに
  • 長期保管から取り出した時に

訪問着のカビ症状には「カビ取りクリーニング」

「久しぶりにタンスから出したら、訪問着にカビが・・・」カビ菌は様々な場所で発生しますが、着物に繁殖したカビ菌については、残念ながらご家庭では除去ができません。

例えば白カビの場合、表面的なカビは取り除けますが、カビ菌の「根」は繊維の奥にまで広がっています。そのため何度もカビが生えてきますし、カビ臭いニオイも再発します。

さらにカビが長期化すると、オレンジや茶色の「変色シミ」になってしまうことも。症状が重くなる前に『ふじぜん』の「カビ取りクリーニング」をしておきましょう。

「訪問着がカビくさい」と感じたらカビの初期症状の合図です。どうぞお早めにご相談ください。

【こんな時にはカビ取りクリーニング】

  • 訪問着がカビくさい、ホコリくさい
  • 訪問着に白カビが生えている
  • 訪問着に青や黒のカビらしい点々がある

訪問着に汚れをつけたら「シミ抜き」を

訪問着に飲み物や食べ物の汚れ、メイクのシミなどをつけてしまった・・・そんな時には『ふじぜん』のシミ抜きをご利用ください。

着物ふじぜんの「シミ抜き」では、熟練の職人がシミ・汚れの原因に合わせ、ひとつひとつ手作業で汚れを取り除いていきます。

ご指定の部分だけを洗いますので、クリーニング料金もリーズナブルです。一ヶ所のシミ抜き料金は550円(税込)~となっており、お気軽にご利用いただけます。

『ふじぜん』では、部分的なシミ抜きのみのご依頼も可能です。もちろん「丸洗いクリーニング」「カビ取りクリーニング」等と組み合わせたご依頼も承ります。

【こんな時にはシミ抜き】

  • 食べ物や飲み物のシミを作った
  • メイクの汚れをつけてしまった
  • ボールペンなどの汚れをつけた
  • 着物を濡らしたらシミのようになった

訪問着の黄変や変色シミもおまかせ

昔の訪問着が黄色く変色している」「訪問着に良くわからない茶色いシミができている」・・・これらは「黄変(おうへん」という変色シミである可能性が高いです。

黄変とは、汗・カビなどの目に見えない汚れが長い時間をかけて酸化することでできる変色シミのことを言います。一般的なクリーニング店だと、変色シミや古いシミは「もう取れない」とお断りされてしまうことも。

しかし着物専門の修復店である『ふじぜん』では、このような難しいシミの相談も受け付けております。「もう着られない」と諦める前に『ふじぜん』にご相談ください。

絞り訪問着の変色染み

絞り訪問着の変色染みビフォー
絞り訪問着の変色染み抜きアフターアフター

訪問着の変色(黄変)染み

訪問着変色染みビフォー
訪問着変色の染み抜きアフターアフター

【こんな時には古いシミ抜き・黄変抜き】

  • タンスから出したらシミができていた
  • 原因の良くわからないシミがある
  • オレンジや茶色のシミがあちこちにある
  • 広い範囲で変色が起きている

訪問着の染め直し・染色補正

昔の訪問着、もう色が合わないから」「落としきれないシミが残っているから」とタンスに保管したままにしていませんか?『ふじぜん』の染色補正では、専門の染色補正士による部分的・全体的な染め直しや柄の描き足しなどで、あなたの訪問着を蘇らせます。

【染色補正の一例】

  • 柄足し
  • 柄掛け
  • 箔直し
  • 丸染め など

染色補正の方法は他にもたくさん!お客様のご要望を詳しく伺い、最適なプランをご提案します。

【こんな時には訪問着の染色補正】

  • 落としきれないシミが残っている
  • 地色が顔に似合わなくなった
  • 訪問着の黄ばみが気になる
  • 手持ちの訪問着を新しい雰囲気に変えたい

訪問着のサイズ直し・お仕立て直し

訪問着のサイズが合わなくなったり、ご家族にお譲りになる時などには、サイズ直しがおすすめです。

『ふじぜん』では、「裄丈だけ」といった部分的なサイズ直しもできてリーズナブル!縫い込みがあれば、小さい着物を大きく直すことも可能です。全体を作り直すお仕立て直しももちろん承ります。

【こんな時にはサイズ直し・お仕立て直し】

  • 現在の体に合わせた身幅にしたい
  • 娘や孫に訪問着を譲りたいがサイズが合わない
  • 訪問着を新品のようにキレイにしたい

訪問着クリーニング料金表

袷の訪問着

袷(あわせ)とは、裏地がついている仕立てです。

袷訪問着丸洗いクリーニング 9,900円(税込)
カビ取りクリーニング 14,300円(税込)
汗取りクリーニング 4,400円(税込)
着用時の新しいシミ抜き 1ヶ所当たり550円~
保管時の古いシミ抜き・黄変抜き 1ヶ所あたり880円~

※シミ抜き料金はスタッフが検品の上、お見積りを出します

単衣・絽の訪問着

単衣(ひとえ)や絽(ろ)は、裏地がないタイプの仕立てです。

単衣・絽訪問着丸洗いクリーニング 8,800円(税込)
カビ取りクリーニング 13,200円(税込)
汗取りクリーニング 4,400円(税込)
着用時の新しいシミ抜き 1ヶ所当たり550円~
保管時の古いシミ抜き・黄変抜き 1ヶ所あたり880円~

※シミ抜き料金はスタッフが検品の上、お見積りを出します
※価格はすべて税込です
※付け下げ(つけさげ)も同じ料金です

訪問着クリーニング よくあるご質問

Q. 「丸洗い」と「シミ抜き」はどう違いますか?
A. 「丸洗い」はチリ・ホコリなどの軽い全体的な汚れをケアする時に、「シミ抜き」は部分的にハッキリついた汚れ落としをする時に使います。
 
例えば「食べこぼし」「メイクの汚れ」「原因不明のシミや変色」などを落とす場合には「シミ抜き」が必要です。
 
【ご依頼の例】
・特に目立つ汚れはないがしばらく着ない→「丸洗い」でお手入れ
・部分汚れを落としてすぐに着たい→「シミ抜き」でお手入れ
・長期保管予定だが目立つ汚れもある→「丸洗い」+「シミ抜き」
Q.訪問着クリーニングしたいがどれが良いかわからない
A.メールフォームよりお申し込みの上、当店まで訪問着を送っていただければ、担当スタッフが着物を検品して最適なクリーニングのプランをご提案します。
 
「しばらく着ることがない」」「できるだけ早く仕上げてほしい」といったご要望に合わせたプランを作りますので、お気軽にご相談ください。お見積りは無料です!
Q.訪問着と付け下げの違いは?
A.付け下げ(つけさげ)は元々、訪問着より少しカジュアルな扱いの着物として生まれました。また元々は次のような見た目の違いもありました。
 
・訪問着 柄が肩から裾まで途切れず、一続きになっている
・付下げ 柄が反物単位であり、縫い目をまたがない(続かない)ようになっている
 
ところが最近では、この区別は難しくなっています。「付け下げ訪問着」といって、着付けてしまうと訪問着との違いがプロでもわからないような柄の付け下げが珍しくなくなったのです。フォーマル服として付け下げ(付け下げ訪問着)を利用する方も増えました。
 
現在では、訪問着と付け下げの扱いは「ほぼ同じ、違いがほとんど無い状態」であると言えます。上記のような観点から、当店では、訪問着・付け下げのクリーニングや加工料金は同じに設定しております。
Q.訪問着の裏地をシミ抜きできますか?
A.訪問着の「裏地(胴裏)」については、残念ながらお店でもシミ抜きができません。とても薄くてデリケートなので、漂白加工をすると布地が極端に薄くなったり、破れてしまう可能性があるためです。
 
「訪問着の裏地のシミが気になる」という時は「裏地の交換」をおすすめしています。当店では着物を全部ほどかず、裏地だけを交換できるので、お仕立て直しに比べて料金もリーズナブルです。
 
「胴裏だけ」などの部分的な交換も可能です。ぜひご検討ください!
 
※詳しくは「裏地交換(胴裏交換)」でご紹介しています。
Q.夏に訪問着を着て汗をかきました。丸洗いで大丈夫?
A.汗の水分や塩分は、丸洗いクリーニングだけでは落とすことができません。夏場に訪問着を着たり、汗が気になった場合には、「汗抜き(汗取り)クリーニング」を加えることをお勧めします。
 
訪問着に残った汗の成分は、変色や輪ジミ、カビ、虫食いなどの原因になることも。汗抜きクリーニングをしておけば、そのようなトラブルの予防にも繋がります。
 
※詳しくは「汗抜きクリーニング」でご紹介しています。
Q.訪問着クリーニングの納期は?急ぎでできる?
A.訪問着のクリーニングは、シミ抜き(最近のもの)の場合で1週間前後、丸洗い・カビ取りもする場合は10日間前後が平均的な納期です。
 
ただし次のような場合には、対処にお時間をいただきます。
 
1)シミが古く変色している・黄変である
2)染色補正(部分的な染め直し)や洗い張りが必要
 
上記のような場合には、2~3ヶ月程度お時間をいただく場合があります。
 
またお正月・成人式前後などの繁忙期にはたくさんのご依頼をいただくため、通常よりも納期にお時間をいただきます。お渡しの予定時期につきましては、着物の実物を検品してから、お見積りの際のご連絡となります。
 
お急ぎである場合には、お申し込みの際にご相談くださいませ。

吉原ひとし


着物ケア診断士 吉原ひとし


着物の染み抜きやお直しをする場合、加工内容や料金は検討がつかないと思います。お近くに専門店があれば安心ですがシミや汚れを見てもらったが、無理だと言われ諦めてしまう方が多いのです。遠方にお住まいの方はお電話又はメールでご相談いただければ、無料にてアドバイスさせていただきます。クリーニングやお直し以外でも着物の事ならお気軽にご連絡ください。 初めてご訪問の方へ

染み抜き

LINE@

最近の記事

  1. 【プロ解説】着物にウイスキー・ブランデーのシミ!対処法や落とし方の正解とは

  2. 【プロ解説】着物の水シミの落とし方や対処法の正解は?

  3. 着物のコーヒーのシミの落とし方や対処法は?よくある疑問を解説

  4. プロ解説!着物についた果汁・ジュースシミの対処法・落とし方

  5. 半襟と重ね襟(伊達襟)の5つの違い

TOP