訪問着クリーニング

訪問着クリーニング
フォーマルの訪問着。良く分からないのが訪問着と附け下げの違い度と思うのです。衿から方にかけて柄が繋がっている方が訪問着。肩だけに柄があるのが附け下げなのですが着ていく用途は同じと考えていいでしょう。クリーニング料金も訪問着と附け下げは同じなのです。

着用していける場所なのですが結婚式・お宮参り・入園式・卒園式・入学式・卒業式などが代表的で結婚式の披露宴では水性の汚れ(お酒・ジュース・水)などに注意が必要ですね。

小さなお子様を連れて訪問着を着た場合、ヨダレや食べ物の汚れにも特に注意してください。知らないうちに汚れている事があるのです。

フォーマルの着物は着る頻度も少なく次回着るまでにずいぶんタンスに仕舞いっぱなしって事は良くあるのです。茶道や華道で着る方は着る事も多いのでシーズンオフなどに丸洗いクリーニングをお勧め致しますが一般の方は着ることが少ない為に着用後、陰干しをして汚れをしっかりと確認してください。汚れがある時には丸洗いクリーニングで綺麗にしてからの保管をお勧め致します・

気になる着用時の汚れについて

着物を着る事が多い場合、丸洗いクリーニングではなく部分的な染み抜きをお勧め致します。着物を干し事も畳む事も簡単にできる方は普段のお手入れもできるはずです。染み抜きは気になる汚れを取り除くだけなのですが普段のお手入れにより汚れの変化にも対応できるのです。お手入れ料金のコストダウンもできますので虫干しできる方はお勧めです。

保管してあった訪問着にカビが生えている場合

お母様の訪問着をお嬢様が着る場合や長年箪笥の入っていて知らないうちにカビが生えている事が良くあります。訪問着の地色が濃い場合には発見しやすいのですが寺入りが薄い場合には困難ですがカビの臭いがしたりポツポツと白い部分を発見したらカビ取りクリーニングをお勧め致します。そのままではカビ菌が減ることはありませんのでしっかりとカビ菌を取り除く処置がカビ取りクリーニングなのです。

絞り訪問着の変色染み

ビフォー
絞り訪問着の変色染み
アフター
絞り訪問着の変色染み抜きアフター

着物の中でも絞りと言えば高級品。大切に保管していても茶色いシミが浮き出てくる場合があります。一度も着用していない場合でも、長期にわたり湿気が溜まるとタンパク質の多い部分が黄ばんだり茶色くなったりしてしまいます。

例えば鉄が錆びてしまったのと同じ状態が絹地にもおきています。絞りの生地はしっかりとしていますので、染めの状態を検査し漂白性の溶剤を使用してシミを抜く作業となります。

訪問着の変色(黄変)染み

ビフォー
訪問着変色染み
アフター
訪問着変色の染み抜きアフター

10
お嫁入り時に準備された訪問着で、一回も着ていないのにシミが沢山あると、ご相談いただきましたので拝見させていただきました。着物の縫い目に茶色い線があり、縫い目以外でも10ヶ所以上の変色(黄変)シミ。着ていなくても着物を干していなければ、湿気が含んで絹の成分(タンパク質)が酸化してしまうのです。この症状は厄介で縫い糸が茶色くなってしまっています。

絹地の着物は絹糸で仕立てをしますので、糸にが変色してしまうと、仕立て直さなくてはなりません。一度、着物を全て解き、洗い張り(水洗い)をしてから仕立て直しますので料金も高額になります。もちろん表地の変色も直さなければなりませんので、仕上がりの日数も60日かかります。

訪問着染み抜き・クリーニング料金表

袷訪問着 汗抜き丸洗いクリーニング 8,000円
丸洗いクリーニング 7,000円
カビ取りクリーニング 10,000円
汗取りクリーニング 4,600円
染み抜きクリーニング お見積り
古い染み抜き お見積り
単衣・絽訪問着 汗抜き丸洗いクリーニング 7,000円
丸洗いクリーニング 6,000円
カビ取りクリーニング 9,000円
汗取りクリーニング 4,600円
染み抜きクリーニング お見積り
古い染み抜き お見積り

※料金は全て税別価格です。

プロフィール

吉原ひとし


着物ケア診断士 吉原ひとし

着物の染み抜きやお直しをする場合、加工内容や料金は検討がつかないと思います。お近くに専門店があれば安心ですがシミや汚れを見てもらったが、無理だと言われ諦めてしまう方が多いのです。遠方にお住まいの方はお電話又はメールでご相談いただければ、無料にてアドバイスさせていただきます。クリーニングやお直し以外でも着物の事ならお気軽にご連絡ください。

LINE@ ご依頼方法と送り方

人気記事

最新記事