胴裏(裏地)の交換

胴裏(裏地)
久しぶりに着物を箪笥から出してみたら、着ていないのに裏地に染みが沢山ある!などのお問い合わせが多くなっています。逆に着ていないからこそシミになってしまう現象。風通しをしていないから絹のタンパク質が酸化して茶色くなってしまうのです。せっかく着物を着ようと思っても、このままじゃ美容院へ持っていくのは恥ずかしいし、このまま着ても気持ちいいものではない。などと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そのまま着ることは可能ですが、綺麗な裏地に取り替える事ができますので、お気軽にご相談ください。

最近、流通している胴裏(裏地)は茶色く変色しにくい加工がされていますが、昔の胴裏には変色防止加工はされていませんので、全体が茶色くなったり斑点がポツポツとなったりしてしまいます。原因は湿気による酸化とカビが大半で虫干しをしていないと変色は加速します。特に茶色い斑点が見られる場合、表地にダメージを受ける事もありますので裏地(胴裏)の交換をお勧め致します。着物をすべて解くことはせずに、当店では裏地だけを取り替えますので料金もリーズナブル。綺麗に仕上がりますので沢山の方に喜ばれています。

振袖や留袖など長い間、着る事がなかった着物は白い裏地(胴裏)が変色しやすくなります。決して汚れではなく絹(蚕)のタンパク質が湿気による変化で酸化してしまう現象なので、着る機会が少ない時代ですので決して自分だけがお手入れ不足ではないのです。
胴裏のシミ

昔と今の胴裏地の違い

裏地は毎年、虫干ししていてもうっすらと変色してしまう事もあるのですが、近年の胴裏は変色防止加工が施されているものが多く出回っているのです。

 

胴裏は変色直しが不可能です。

茶色い斑点が全体に現われ着る事も避けたくなるような状態になるのです。残念ながら胴裏は生地が薄い為に変色染み抜き加工することができませんので胴裏交換をお勧め致します。

 

仕立て直しより安い胴裏交換

当店では裏地だけを取り外し付け直す事ができますので他店のように着物のすべてを解き仕立て直しをするよりも経済的です。胴裏の交換には胴裏料金と胴裏交換料金で綺麗な着物に甦ります。

 

胴裏(裏地)交換の料金表(税別)

振袖
取り替え料金 30,000円
胴裏料金 9,300円
合計金額 39,300円
留袖(比翼付き)
取り替え料金 35,000円
胴裏料金 9,300円
合計金額 44,300円
訪問着
取り替え料金 26,000円
胴裏料金 6,700円
合計金額 32,700円
色無地・小紋
取り替え料金 26,000円
胴裏料金 6,700円
合計金額 32,700円
喪服
取り替え料金 26,000円
胴裏料金 6,700円
合計金額 32,700円
振袖用長襦袢
取り替え料金 24,000円
胴裏料金 9,300円
合計金額 33,300円
長襦袢
取り替え料金 22,000円
胴裏料金 6,700円
合計金額 28,700円

【納期】30日(シーズンにより若干、変更があります。)

 

着物ケア診断士から一言

お手持ちの着物の裏地がうっすらと黄ばんでいるのは、特別悪いことではありませんが、斑点のように茶色くなっている場合は、少し注意が必要ですね。湿気が原因で生地が酸化してしまう現象ですが、斑点のようになってしまった場合は表地に影響する場合があり、黄ばんだシミが表地の表面に移ってしまい着る事ができなくなるからです。

裏地の交換は胴裏という裏の生地が必要になりますが、胴裏だけでも何十種類もあり、お値段も様々です。着用時に見えない部分はできる限り安く仕上げたいと誰もが思っていると思いますので、他店と料金の違いを比べていただければと思います。

 

よくあるご質問

:料金を安く抑えたいのですが…。いい方法はありますか?
:胴裏には種類も多く値段の安い商品も販売していると思います。ポリエステルの裏地も安価で販売されていますが、着物が正絹の場合はあまりお勧めできません。胴裏は胴と袖の裏地を言いますが、すべてを交換せずに着用時に見える袖裏だけを交換すればかなり安く仕上げることができるのです。

:振袖の裏地が斑点だらけです。裏地を交換したほうがいいのでしょうか?
:胴裏(裏地)は生地自体が薄いので変色直しをすることができません。袖の裏地だけを交換するか、胴裏すべてを交換すれば新品同様に生まれ変わります。

:同じ引き出しに入っていても胴裏が変色しているものとしていないものがあります。何故ですか?
:30年ほど前から変色防止加工のしてある裏地が出回りましたので加工をしてある裏地をしようしている場合や種類が違い変化の速さも違うのだと思われます。

:数か所だけ茶色くなっているのですが、裏地は交換したほうがいいですか?
:変色部分が少ないのであれば着用時に問題はありません。よく着付け時に恥ずかしいなどと言われますが、着付けの先生も着物のプロなのです。絹の着物は変色しやすいこともご存知ですのであまり気にしなくても理解していただけるものなのです。

:他店で購入した胴裏でも対応していただけますか?
:喜んでお受けいたします。ワゴンセールなどで裏地を購入されるとお値打ちな場合もありますので購入時には着物と一緒に発送いただければ進めさせていいただきます。

LINE@
ご依頼方法と送り方

カテゴリー

最近の記事

ページ上部へ戻る