BLOG

着物の衿(襟)のシミ・汚れを落とすには?原因別3つの対処法

着物の衿は気をつけて着ていても、意外といろいろな汚れが付きやすいですよね。家に帰って着物をチェックしてみたら「衿のシミ・汚れが気になる」ということも多いのではないでしょうか。着物の衿に付く汚れは、早い段階であれば自分で落とすことができます。こまめにお手入れをすることで、着物をクリーニングに出

カビ増加?絶対やってはいけない着物カビの防止法6つ

着物のトラブルで多いのは「カビが生えてしまう」というもの。カビは一度生えるとご家庭では除去できず、徐々に被害が広がって、最終的には「変色」「脆化」といった深刻な状態にまで進んでしまいます。大切な着物をカビから守るには、徹底した予防対策を取ることが大切なんです。ところが「着物をお手入れはキチン

着物のカビが増える?NG対応と正しい見分け方・対処法

「保管してある衣類にカビが生える」と言われても、普段着の洋服の保管だとあまりそういうことが無いのでピンと来ない人も多いはず。ところが着物は表面に「糊(のり)」をかけてある上に、絹や毛等の天然素材を使うことから、一般的な衣類に比べてカビのトラブルが多いのが特徴です。着物のカビを発見して焦ってし

着物の保管・管理・収納方法は?プロが徹底解説!

「着物のおしゃれを楽しむようになったけど、着物の保管や管理の方法はどうしたら良いの?」とお悩みではありませんか?着物の保管や管理の方法は、洋服の保管とは少し違うんです。適当に管理をしていると、大切な着物がダメになってしまう!ということも。着物の収納や保管・管理の歩法をキチンと知って、大切な着

着物の裏地・胴裏の茶色いシミは染み抜きNG?正しい対処法とは

袷(あわせ)の着物ですと、裏側には薄い裏地・胴裏(どううら)が付いていますよね。「着物の裏地にカビっぽいシミがある」「胴裏に茶色いシミができた」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。この裏地・胴裏のシミは、その原因や対応の仕方が表地とは少し違ってきます。着物の表地であれば自分でのシミ抜き等

帯のシミは自分でシミ抜きできない?店でも無理?正しい対処法とは

当ブログでは様々なシミの種類や着物の種類に合わせて、シミ抜きの方法をご案内しています。そんな中でご質問が多いのが「帯にシミが付いた場合の対処法」なのですが……帯については、着物とは大きく対処法が変わってきてしまうのです。原則として、帯はご家庭でのシミ抜きができません。またクリーニング店に出す

ポリエステルの着物のシミ抜きするには?2つの方法を紹介!

気軽に着ることができるポリエステル着物は、普段着として使ったり、着物を着る練習としてもピッタリ。価格もお手頃でデザインも豊富なので、「とりあえずポリエステル着物から着物に挑戦する」という人も多いのではないでしょうか。ポリエステルは丈夫な素材ですから、着物のシミ抜き等のお手入れがしやすいのも魅

麻の着物のシミ抜き方法は?洗わない方がいいってホント?

よく風を通す麻の着物は、夏のおしゃれの定番とも言える存在です。でもこの麻の着物、シミや汚れが付いた時のシミ抜き等のお手入れはどのようにしたらよいかご存知ですか?麻はザブザブ洗える素材と思われがちですが、実は用途によっては洗わない方が良いこともあります。麻の着物の使い方や用途、また付いたシミの

ウールの着物をシミ抜きしたい!洗って平気?詳しく解説!

気軽に着られるウールの着物は、最近特に人気のアイテムです。着物ブームの到来によって、特に若い方が軽いおしゃれ着としてウールの着物をお召しになったり、アンティーク着物を楽しむ傾向も見られています。その分だけ「ウールの着物のシミ抜き方法は?」「ウールの着物を汚したら洗える?」といった質問を見かけ

木綿着物でシミ抜きできないことも?シミ抜き方法と意外な注意点

日常使いがしやすい木綿の着物は、最近の着物ブームによってさらに人気が高まっているようです。その分だけ「木綿着物のシミ抜きはどうすればいいの?」という疑問・質問を見かける回数も増えました。木綿の着物は基本的にはお手入れがしやすく扱いやすいのですが、中にはご家庭でのシミ抜き等が難しいものもあるの

絹の着物はシミ抜きできる?方法や注意点を解説!

正絹着物という言葉、聞いたことがありますか? 正絹(しょうけん)とは、絹100%でできた着物のことです。振袖や留袖・訪問着等のフォーマル着物は、このような絹100%の着物であることが多いですね。さてこの正絹着物(絹の着物)、自分でシミ抜きってできるのでしょうか?

成人式後は振袖のお手入れを!今すぐ始める5つのアフターケア

成人式のお祝いと言えば、欠かせないのが振袖(ふりそで)姿。多くの女性達が成人式の晴れ姿として、美しい振袖に身を包みます。でもこの「振袖」、着た後のお手入れがとても大切って知っていましたか?次回もキレイな状態で振袖を着ることができるように、忘れずにきちんとアフターケアをしておきましょう。

TOP