BLOG

着物の虫干し・陰干しの時期は?方法は?回数は?完全ガイド

お手入れの基本のひとつが、着物の虫干し・陰干しです。着物を一枚しか持っていない初心者さんはもちろん、タンスにたくさんの着物を持っている上級者さんにも必ず行って欲しいお手入れなんですよ。「虫干しとは何?」という人はもちろん、今までなんとなく陰干しを行っていた…という人もぜひ読んでみてく

これで完璧!正絹着物の保管方法 5つのポイント

留袖や振袖等、礼装用の着物の多くは「正絹(しょうけん)」というシルク100%の布で作られています。このような着物を「正絹着物(しょうけん・きもの)」と言いますが、シルクなので保管方法が少々難しいです。正絹(シルク)は衣類を食べる虫の大好物ですし、さらにカビ等の被害にも遭いやすい傾向があります。

化繊・ポリエステル着物の保管に失敗しない4つのコツ

お手入れがラクで着やすいポリエステル着物は、普段遣いや街着として楽しむのにピッタリの着物ですね。着物ビギナーさんはもちろん、着物ファンの方も発色の良さやデザイン性の高いポリ着物をたくさんお持ちではないでしょうか?化繊(化学繊維)・ポリエステルの着物は、正絹着物やウール着物に比べると保管方法も

これで安心!木綿着物の保管4つの秘訣

軽くて肌当たりの良い木綿きものは、根強いファンがたくさん居る着物です。でも「木綿着物を保管していたらカビを生えさせてしまった」「木綿着物の保管中に黄ばんだ」等、カジュアルな着物である割にお手入れや保管がなかなか難しいアイテムでもあります。木綿きものビギナーの方はもちろん、木綿着物をた

ウール着物の保管に失敗しない3つのコツとは?

気軽に着られるウールの着物は、着物初心者さん達から上級者さんにまで幅広く愛されるアイテムのひとつ。でもウールの着物の保管に失敗して、虫食い等のトラブルが起きてしまった…という人は意外と多いのではないでしょうか?ウールの着物の保管には、いくつかのポイントがあるんです。「着物の保管のこと

お宮参りの後は?着物のお手入れと保管方法

赤ちゃんの無事の誕生を感謝し、これからの健やかな成長をお祈りする行事である「お宮参り」。赤ちゃんが生まれて初めての正式な行事ですから、お宮参りをやってみて楽しかったけれど疲れた…という人も多いのではないでしょうか。でもお宮参りをした後には、着物のお手入れやキチンとした保管を忘れてはいけませんよ!

喪服・礼服着物を着た後は?お手入れと保管方法を解説

お通夜やお葬式・法事等の場で使う喪服着物(礼服着物)は、「普段はあまり着物を着ない」という方でも持っていることが多い着物のひとつです。結婚式等の祝の席の着物とは違い、喪服着物は「使う時」が突然来ることが多いのが大きな特徴とも言えます。ですから喪服着物で大切なのが「着た後のお手入れと保管方法」なのです

成人式の振袖をしまうには?保管の注意ポイントを解説

振袖は独身女性の最高格のフォーマル着物。成人式やご友人の結婚式等で振袖を着たという人も多いのではないでしょうか。さてこの「振袖」を着た後の保管方法は知っていますか?振袖は正絹という100%シルクでできていて、とてもデリケートな着物です。誤った保管をすると、次に着る時に変色や虫食い・カビ等で着

ポリエステル着物の静電気にサヨナラ!6つの対策法を解説

ポリエステル着物は雨の日のおでかけや気軽な街着として大活躍してくれる頼れる存在。着物好きな人も初心者の人も、一枚はポリ着物をお持ちなのでは?でもポリエステル着物って静電気が凄いのが困りますよね。パチパチパチ…とポリエステル着物の布が足にまとわりついて歩けない!そんな経験がある人も多いのではないでしょ

振袖クリーニングにかかる時間は?4コース別に徹底解説

振袖のクリーニングって、どれくらいの時間が知っていますか?振袖は「着物」の種類のひとつ。一般的な洋服とはクリーニングの仕組みが違い、着物専門の技術者さんや職人さん達がお手入れを担っています。そのため時間のかかり方も、洋服クリーニングとはかなりの違いがあるのです。振袖丸洗い

振袖のクリーニングの頻度は?毎回じゃなくて良い?

成人式やご友人の結婚式等で着る特別な着物である「振袖」。高価で大切なフォーマル着物ですからキチンとお手入れすることは大切ですが、でも毎回クリーニングするというのは価格的にも大変ですよね。さて振袖って、どれくらいの頻度でクリーニングをすれば良いのでしょう?振袖のクリーニング

振袖クリーニングの費用は?状態別の相場を解説

「振袖をクリーニングに出したいけれど、料金がいくらくらいかかるのかが気になってなかなか出せない…」こんなお悩みをお持ちではありませんか?振袖等の着物クリーニングは一般的な洋服クリーニングとは異なり、着物専門のクリーニング店や業者が扱います。料金システム等も洋服とは違うので、相場等が予測しにく

TOP