BLOG

抜き紋・縫い紋…家紋は「入れ方」でも着物の格が変わるってホント?

お着物にそれほど詳しくない方でも、「紋付きの着物」は改まった場で着るもの…という印象はなんとなくありますよね。これは大正解で、「着物の格」を考える上で、とても重要になるポイントが「家紋」です。家紋はその有無や数だけでなく、「入れ方」によっても着物の格を変えてしまいます。お手持ちのお着物の家紋

お嫁入り道具に着物は必要?嫁入り支度の豆知識

お父様・お母様にとって、何より晴れやかなイベントとなるお嬢様のご結婚。でも初めての「結婚の準備=嫁入り支度」に、戸惑っている方も多いのではないでしょうか?「お嫁入り道具に着物は要るの?」「新しく着物を作ってあげようと思うけれど、嫁入り支度に必要な着物って、留袖?喪服?」「私の着物を譲るのではダメかし

喪服着物にカビが!応急処置は?自分でできる着物のカビ対策

突然のお通夜やお葬式。急いで喪服着物を用意しなくては…と着物を出してみたら、着物にカビが!湿気の多い日本では、こんな経験をお持ちの方も多いかもしれませんね。着物の生地に残っている汗や汚れ等は、カビ菌の大好物。保管状態によっては、一気にカビが増えてしまうこともあります。カビを見つけ次第、早めに

入学式・卒業式…子どもの式典での母親の着物は訪問着か色無地が理想的

入園式・入学式、卒園式に卒業式…。お子様が居るお母様方にとって、春は何かと「式典」等の行事が多い季節ですよね。お子さんの成長した姿を見られる式典は、ママ達にとっても大切な一日。「せっかくのお祝いの日だから、素敵な着物で参列したい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?今回は入学式や卒業

お宮参りの時の母親・祖母はどんな着物を着たらいい?帯や小物のコーディネートも解説!

赤ちゃんの健やかな成長を願うお祝いである「お宮詣り」。近年では着物ブームの再来によって、若いお母様・お祖母様の間でもお宮参りにお着物をお召しになる方が増えています。でも初めてのイベントであるお宮参りにどんな着物を着たらよいのか、迷ってしまう方も多いようです。ここではお宮参りの時に母親・祖母が着る着物

お宮参りの着物は他の行事でも使える?お食い初め・七五三での使い方

「お宮参りの着物(初着)って、一回だけしか使わないの?」「一回だけしか使わないなら、わざわざ着物を用意するのがなんだかもったいない…」赤ちゃんのお父様・お母様からは、時々こんなお声も聞かれます。でもお宮参りの着物は、一回しか使わないというものではありません。お食い初め・七五三等、お子様の成長を祝う様

日取りはいつ?神社はどこにする?お宮参りのQ&A

赤ちゃんの初めての行事でもある「お宮参り」。ご家族の方にとってはとても喜ばしいイベントですが、初めての行事で戸惑われる方も多いようです。「お宮参りっていつにしたらいいんだろう?」「神社はどこを選べばいいの?」今回はそんなお宮参りについての疑問にお答えしていきます。お宮参りの意味とは?まず

昔の着物をお宮参り着物として使いたい!祝着を再デビューさせる時の準備

日本の伝統文化である「着物」が見直される中、お宮参りで赤ちゃんに初着(祝着)を着せる方がまた増えてきています。お若いご夫婦を中心に「昔の着物を初着として使う」という方法も人気となっているようです。30年前・40年前のお宮参りや七五三に使った着物を再デビューさせるには、どうしたらいいのでしょうか?ここ

準備をするのは嫁側?お宮参り準備のQ&A

お子様の健やかな成長を神様にお祈りする行事である「お宮参り」。日本の古来からの伝統行事ですが、七五三等に比べると「馴染みが無い」という方も多いようです。お宮参りの準備をしたいけれど、どうしたらいいのかわからない…とお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はお宮参りのお着物(祝い着・初着)等

成人式の美容院予約や準備・まるわかりQ&A

成人式では、振袖の用意と同じくらい大切になのが「着付けとヘアセット」。でも初めての振袖では、着付けも髪型もわからないことだらけですよね。「どこで着付けをお願いする?」「何を持っていけばいいの?」と心配されている人も多いのではないでしょうか?ここでは成人式の美容院での着付けや予約・準備について、わかり

お宮参りの着物、レンタルと購入ではどちらがオトク?メリット・デメリットを比較してみました

赤ちゃんの健やかな成長を祈る行事である「お宮参り」。お子さんにとって生まれて初めての大切な行事ですから、準備を万端に整えて臨みたいものですね。でもお宮参りの祝い着(お着物)について、「借りた方が良いのか、買った方が良いのか…」と悩んでしまい、なかなか準備が進まないという方も多いようです。ここではお宮

お宮参りの初着を七五三着物に活用するには?

お宮参りの時に使った「初着(うぶぎ)」。せっかくの美しいお着物を、そのまま眠らせておくのはもったいないですよね。初着はちょっとしたお直しをすることで、七五三の三歳のお祝いの晴れ着として活用することができます。1.肩上げをします「肩上げ(かたあげ)」とは、お子様の成長に合わ

TOP