1. HOME
  2. ブログ
  3. お宮参りの時の母親・祖母はどんな着物を着たらいい?帯や小物のコーディネートも解説!

お宮参りの時の母親・祖母はどんな着物を着たらいい?帯や小物のコーディネートも解説!

お宮参り

赤ちゃんの健やかな成長を願うお祝いである「お宮詣り」。近年では着物ブームの再来によって、若いお母様・お祖母様の間でもお宮参りにお着物をお召しになる方が増えています。でも初めてのイベントであるお宮参りにどんな着物を着たらよいのか、迷ってしまう方も多いようです。ここではお宮参りの時に母親・祖母が着る着物について、帯合わせや草履・バッグといった小物のコーディネートも合わせて解説していきましょう。

お宮参りの時のお母様の着物やコーディネート

母親の着物は訪問着・付下げが主流に

かつてはお宮参りで母親が着る着物と言うと、五つ紋付きの黒留袖というのが一般的でした。結婚式等と同様に、格の高い着物を着るのがマナーとされていたんですね。しかし最近では、お宮参りに対する考え方はより「家族内のイベント」という形に変わってきています。そのため正礼装(最も格の高いフォーマル)である黒留袖よりも、もう少し気軽な礼装(略礼装)である「訪問着」や「付下げ」を選ばれる方が増える傾向にあります。

お宮参りの時の帯合わせは?

同じ「訪問着」の着物でも、帯合わせ(帯とのコーディネート)によって印象は大きく変わります。お宮参りといった正式な式事向けの「正装」として訪問着を着る場合には、「袋帯」を合わせましょう。袋帯とは、表地と裏地を縫い合わせて、その名の通り「袋」のように仕立てられている帯のこと。お着物に合わせ、古典的な柄行きを選ばれた方が正装らしいコーディネートになります。袋帯が無い場合には、綴れ名古屋帯(つづれなごやおび)等の格の高い帯を合わせましょう。

帯揚げは綸子のフォーマル用のものを。帯締め・帯揚げにあまり濃い色を合わせると「おしゃれ着(街着)」の印象が強くなりますので、薄色を合わせます。色合わせに迷ってしまった時には、グラデーションのように同系色のもので揃えるとフォーマルらしい装いになりますよ。

長襦袢の準備を忘れずに!

礼装として訪問着をお召しになる場合には、中に着る「長襦袢」には白か淡い色(薄いピンク、クリーム色、草色等)を選びます。白であればお着物のお色との組み合わせを考える必要はありませんが、淡色を選ぶ場合にはお着物と同一傾向のお色(お着物がピンク系ならごく薄いピンク等)を合わせると良いでしょう。なお紺・紫・赤といった強い色を選ぶと、袖や足元からそれらの強い色が見え、グッとカジュアルな印象になってしまいますのでご注意下さい。

また長襦袢に付ける「半襟」も、白、もしくは淡い色のものを付けます。縫い付けた状態で長襦袢を保管していた場合、黄ばみが起こっていることもありますので、早めに長襦袢を出して状態をチェックしておきましょう。

お宮参りの時の草履・バッグは?

訪問着を礼装としてお召しになる場合、お足元の草履はエナメル等の革製のものを選ぶと良いでしょう。ただこちらも濃い色のものですとカジュアルになりますので、白・グレー・薄いピンク等の淡色のものを合わせます。また鼻緒のお色が台と異なりますと、こちらもカジュアル向けのお履物の扱いになります。台と鼻緒のお色が同一であるものをお選びください。

バッグは西陣織等の布製の礼装バッグ、もしくはエナメルの礼装バッグを合わせます。ただ赤ちゃんとご一緒の場合、お荷物が多くなりがちですよね。近年では容量の大きな礼装バッグも登場はしていますが、入り切らない…とご心配の方も多いかもしれません。敢えて礼装バッグは撮影用と割り切り、控えめな色合いの無地のサブバッグ等にお荷物を入れてしまうのも手です。

 

お宮参りの時のお祖母様の着物やコーディネート

祖母の着物は色無地・訪問着が人気

お宮参りのお祖母様のお着物では、近年では「色無地」や落ち着いた色柄の「訪問着」が人気となっています。

お祖母様のお着物もかつては「黒留袖」が基本でしたが、これはご家族の皆さまが五つ紋付きの着物で装って居た頃のルールと言えるでしょう。五つ紋黒留袖は最高格の正装であり、洋装で言えばブラックフォーマルに当たる着物です。例えばお祖母様が黒留袖をお召になる場合、お祖父様やお父様も五つ紋付きのお着物に袴を合わせた正礼装をするか、洋装であればモーニング・タキシード・燕尾服等を着なくてはバランスが取れません。

近年では男性は、洋装の場合にはお宮詣りに準礼装であるブラックスーツ、もしくは略礼装である落ち着いた色合いのダークスーツをお召しになることが殆ど。またお母様が洋装をされる場合にも、フォーマル用のワンピース・ツーピースといった略礼装をされる方が多いですよね。お祖母様お一人が正礼装をされるより、一つ紋色無地・訪問着・江戸小紋といった準礼装・略礼装をされた方が、ご家族皆様での装いの調和も取れるというわけです。

お宮参りの時の帯合わせは?

一つ紋の色無地を礼装としてお召しになる場合、近年ですとフォーマル用の袋帯をしっかりと合わせるという方も多いですね。ただ暑い時期に袋帯を合わせるのが辛い…という方も多いですし、ご家族の内々のお祝いですので、おめでたい吉祥柄が入った九寸名古屋帯・綴れ名古屋帯等を合わせても良いでしょう。

帯揚げ・帯締めは両方を白にしてしまうと留袖等の正礼装用の装いになってしまいますので、色無地の場合にはどちらかを白になさるか、両方を薄色にされることをおすすめします。帯締めは金糸・銀糸が入っている礼装用のものでもOKです。

色無地に合わせる長襦袢

完全なフォーマル服である黒留袖・色留袖をお召しになる場合には、長襦袢は白色一択です。しかし少しだけカジュアルな略礼装である一つ紋色無地をお召しになるのでしたら、淡いお色の長襦袢をお合わせになると優しくおしゃれな雰囲気になります。淡いクリーム色・淡いベージュ・優しいペパミントグリーン等、お着物との相性が良い薄色を選んでみてはいかがでしょうか。

ただ半襟は白色を合わせた方が礼装らしさが出ます。白色の半襟は、その「白さ」の度合いが目立ちやすいもの。事前に真っ白な状態になっているか、変色や型崩れが無いか等を確認しておきましょう。

お宮参りの草履・バッグは?

一つ紋色無地に礼装用の袋帯を合わせるということであれば、草履やバッグは佐賀錦等の金糸・銀糸刺繍入りのもの(結婚式等にお使いになるフォーマル用の礼装バッグ)でも問題ありません。ただ名古屋帯・軽めの袋帯をお合わせになる場合には、草履・バッグももう少し気楽なエナメル製等を合わせた方がバランスが取れます。薄いグレー、淡いクリーム色等のお色味はどのようなお着物とも合わせやすくおすすめです。

 

お着物を着た後には汚れのチェックを!

お宮参りの時には、お母様・お祖母様は赤ちゃんを抱いて撮影されることがほとんどですよね。そのため、赤ちゃんのよだれがお着物に付いてしまった…というケースがとても多いです。またお母様のお着物の場合、母乳パッドが間に合わずに母乳のシミが付いてしまうこともあります。

これらの汚れが付いてしまった場合、そのままお着物を保管してしまうのはNG!母乳は非常に栄養価の高い成分ですし、赤ちゃんのよだれにも、母乳やミルクの成分が多く含まれています。これらの成分は、カビ菌等の大好物。汚れをそのままにしたり軽く拭いただけで保管をすると、繊維が変色してなかなか取れないシミになったり、カビが生えてしまうことになるのです。

お宮参りにお着物を着た後には、陰干しをしながらよだれや母乳のシミが付いていないかしっかりとチェックすることが大切です。万一汚れが付いていた場合には、早めに呉服店もしくは和装クリーニング専門店にしみ抜きを依頼しましょう。この時、「よだれシミ」「母乳のシミ」といった原因を添えて依頼すると、より的確にしみ抜きの対処をして貰えますよ。

 

おわりに

今回はお宮参りのご家族のお着物について、現代に一般的となってきた考え方をご紹介しました。なおお宮参りは地方色の強いお祝い事であり、地方によっては今でもご家族は全員五つ紋黒留袖・男性は袴でお祝いをするというところもあります。お宮参りはお父様お母様、そしてお祖父様お祖母様も参加されるイベントですから、ご実家・お嫁ぎ先で装いについての考え方が異なる場合もありますよね。ご心配な場合には、ご参加されるご家族の皆様の装いについての考え方をご確認された方が安心です。

関連記事

LINE@ ご依頼方法と送り方

人気記事

最新記事