ブログ

成人式に「ママ振袖」を着ませんか?人気の理由と綺麗に着るためのコツ

ママ振袖

華やかな振袖を着る良い機会である成人式。
最近では、お母様が昔に着ていた振袖を着る「ママ振袖」の人気も高まっています。
ここではその人気の理由や、ママ振袖を着る時の注意点についてまとめてみました。

ママ振袖人気急上昇の6つの理由

1.振袖の費用が安い
振袖はセット購入では50万程度、レンタルでも20万程度かかってしまう高価なもの。その点、ママ振袖であれば直しが必要ないのならば無料、直しをしても3万円前後で準備ができます。
堅実志向の若者が増えているのも「ママ振袖」人気の後押しとなっているようです。

2.ご家族が喜ぶ
若い頃の振袖を身につけて貰えるのは、お母様にとっても嬉しいもの。
またお母様の振袖を仕立てたお祖母様・お祖父様も大変お喜びになられます。

3.振袖らしさが楽しめる
昔の振袖は古典的な柄が多く、「いかにも振袖」という華やかさ、日本女性らしい装いを楽しめます。

4.人気のアンティークスタイル
最近では新品・レンタルでもアンティーク風の柄行が人気です。ママ振袖であれば、「なんちゃって」なアンティーク風味ではなく、風格のあるリアルアンティークを着用することができます。

5.「柄かぶり」の心配が無い
最新きもの・レンタルの場合、「成人式会場に同じ柄の着物の人が居た」というケースは少なくありません。ママ振袖であれば、このような「柄かぶり」の心配がなく安心です。

なお上記のようにメリットの多いママ振袖ですが、以下の点には注意しておきましょう。

・お母様と娘様の身長差がありすぎると、サイズ直しでは対応できない場合があります。
・肌着等の小物は自分で準備する必要があります。

 

ママ振袖を着るための準備

1.ママ振袖の状態を確認する

タンスの中等で長いこと保管されていた振袖は早めに出し、変色や臭い等の問題が無いか、くまなくチェックしましょう。

●変色している場合には?

以前の汚れが残っていると、生地(絹)が酸化し変色します。特に地色が白い振袖は変色が目立ちやすいです。
なお、当店では変色シミのクリーニングを承っております。
「変色が見つかったから」と諦めず、ぜひご相談下さい。
・変色シミ料金:5,000円~50,000円(状態により異なります)
着物染み抜きサービス詳細振袖クリーニングサービス詳細

●カビが生えている場合には?

湿気によって着物に白カビ・黒カビが発生することもあります。
当店では独自のクリーニングで、カビ菌を死滅させることが可能です。
・カビ対処料金:10,000円前後(状態により異なります)
着物カビ取りクリーニングサービス詳細

 

2.ママ振袖のサイズを確認する

裄丈(首の根本から袖口まで)と身丈(首の根元から裾まで)を確認します。
そのまま着られるかどうかの目安は、以前の着用者(お母様)とお嬢様の身長差が参考になります。

・身長差が5センチ以内の場合:直しの必要はほぼありません。
・お嬢様の方が5センチ以上身長が高い場合:裄丈・身丈のサイズ直しが必要です。
・お嬢様の方が5センチ以上身長が低い場合:中に着る「長襦袢」だけを短くサイズ直しする必要があります。

 

3.草履バッグの確認も忘れずに

草履(ぞうり)やバッグもお母様のものを使用される場合には、その状態も確認しておくことをお薦めします。

・草履:長期保管した草履は鼻緒(はなお)や底が品質劣化していることがあります。一度履いて歩いてみて、強度を確認してください。
・バッグ:外側だけでなく、手提げ部分・内側が劣化していないか、もきちんと確認しておきましょう。

 

おわりに

親子代々の振袖を身につけての成人式への出席は、ご本人にとってもご家族にとっても格別な思い出となるものです。昔の写真を家族で見ながら、振袖の相談をしてみるのも良いですね。
ママ振袖の「変色がある」「カビがある」等の問題やサイズ直し等のご不明点がある場合には、お気軽に当店までご相談下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE@
ご依頼方法と送り方

カテゴリー

最近の記事

ページ上部へ戻る