ブログ

知っておきたい足袋の洗い方・干し方・アイロンのかけ方

足袋クリーニング

着物を着る度に必ず汚れてしまうのが「足袋(たび)」。
クリーニング料金を抑えるためにも、できれば自宅での洗濯でキレイにしておきたいですね。
ここでは足袋の洗い方(自宅で洗濯する方法)アイロンのかけ方や干し方等についてまとめてみました。

足袋基本の洗い方

用意するもの

  • 洗濯用洗剤(中性のもの)
  • 重曹(あれば)
  • 固形石鹸
  • ブラシ(シューズ用、もしくは歯ブラシ等で代用OK)

手順

1)洗面器等に水もしくはぬるま湯を張り、洗濯用洗剤と重曹少量を混ぜて、洗剤溶液を作ります。

2)溶液に足袋を浸し、一晩漬け置きにします。

3)足袋の中に手を入れて、汚れている部分に固形石鹸を擦りつけます。

4)全体をブラシでしっかりと手洗いし、汚れが落ちたら水ですすぎます。

5)タオルで軽く脱水します。

 

黒ずみが取れない時には?

足袋の黒ずみが落ちない場合には、酸素系漂白剤を使います。

用意するもの

  • 酸素系漂白剤(液体タイプ/粉末タイプ)
  • 洗面器等の容器
  • ラップ

※足袋はコハゼに金属を使用しているため、塩素系漂白剤は使用できません。

手順

1)容器にお湯を張り、酸素系漂白剤を適量入れます。
綿・麻製品の場合、40℃程度の熱めのお湯を使用した方が漂白剤の効果が高まります。
化繊製品や柄物、色物の場合にはシワや縮み・変色・柄滲みの原因となるため、ぬるま湯程度にしておきましょう。

2)足袋を漬け込みます。

3)容器をラップで包みます。
大きめのフタを使って代用してもOKです。
こうすることでお湯の温度が下がるのを防ぎ、漂白効果を高めます。

4)30分~1時間程度放置してから水で濯ぎ、再度≪基本の洗い方≫で仕上げます。

 

足袋のアイロンがけ

足袋を洗い軽く脱水したら、すぐにアイロンがけを行います。
(普段履きの足袋で化繊製品の場合、大きな皺が残っていなければアイロンがけを省略することもできます)

準備

  • 綿・麻素材の場合には高温設定にしておきます。
  • 化繊製品の場合には皺・縮みを防ぐため、洗濯表示に合わせた温度設定を行います。

手順

1)アイロン台のヘリに、内甲側を出します。かけ糸部分に向かってアイロンの先を回しながら、引っ張るようにアイロンをかけていきます。

2)足裏部分にアイロンをあて、皺を伸ばしていきます。

3)親指のある側を出し、かかとから指側へと向かってアイロンをかけます。

4)外側の面を出し、指先からかかとへ向かって、空気を押し出すように皺を伸ばします。

5)4本指が入る側から足首側へ向かってアイロンを滑らせます。

6)アイロン台の角でコハゼ部分を整えます。

 

足袋の干し方

1)足裏部分の横両端を持ち、数回引っ張って伸ばします。

2)足裏部分の縦両端(指・かかと)を持ち、数回引っ張って伸ばします。

3)足甲部分の縫い目の終わりと始まりの2箇所を持ち、何度かよく引っ張っておきます。

4)足首部分の外側(左足用は右側、右足用は左側)を持ち、何度か伸ばします。

5)足首部分の内側(左足用は左側、右足用は右側)を持ち、よく伸ばしておきます。

6)全体をチェックし、皺が目立つ部分があれば叩くようにして伸ばしておきます。

7)手を入れて形を整えたら、コハゼを留める糸部分に洗濯ハサミを挟んで吊るし、陰干しにします。

 

足袋洗いについてのQ&A

●足袋の洗濯機洗いはNG?

足袋は足裏の部分や指の部分等、部分的に汚れが溜まりやすいのが特徴です。
そのため洗濯機洗いをすると汚れが落ちきらず、結局手洗いをすることになってしまいます。
また、洗濯機洗いを行うと型崩れや縮みが起きやすいのも問題です。

汚れが残った足袋や型崩れを起こした足袋は、見た目にも悪いもの。
手洗いでしっかりと汚れを落とし、真っ白な状態にしておきましょう。

●足袋を洗うと縮む?

足袋は洗うことで若干の縮みが起きます。
しかしアイロンがけと干す時の伸ばしをキチンと行えば、生地を元の状態へと近づけられます。
また再度履いた際に少し小さく感じても、体温によって再度生地が伸ばされます。
ただし洗濯機(特に脱水)を使用すると縮みが激しくなり、着用が難しくなることも多いようですのでご注意下さい。

 

足袋をクリーニングに出す場合

以下のような場合には、専門のクリーニング店に依頼をしてみましょう。

・足袋をすぐに洗う時間が無い
・絶対に縮ませたくない
・黒ずみや汚れが落ちない
・綿足袋のアイロンがけがうまくできない

●クリーニング料金は?

足袋のクリーニング料金は300円~500円(平均400円程度)です。
店舗や足袋の素材・状態等によって料金は異なります。

●クリーニングに出す場合の注意点

クリーニングから戻ってきた足袋は、ビニール袋から必ず出しましょう。
ビニール袋は通気性が悪く、カビの発生や黄ばみの原因となります。
保管状態によって発生した足袋の黄ばみや黒ずみは、元のようにキレイにすることが困難なケースも少なくありません。

通気性の良い場所に保管し、時々風通しを行うようにしておくと安心です。

 

おわりに

足袋の汚れは、履いている本人よりも周囲の方が気づきやすく、案外目立ちやすいものです。
「この程度ならわからないかも…」と思わず、常にキレイな状態を保っておきましょう。

関連記事

LINE@
ご依頼方法と送り方

カテゴリー

最近の記事

ページ上部へ戻る